5期生(担当:飯嶋 香織)

担当プロフィール

飯嶋 香織

経歴
東京都出身
成蹊大学卒業 三和銀行勤務
早稲田大学博士課程単位取得
2008年より現職

専門分野

教育社会学 教育学

研究テーマと主要論文

学校経営学 学校教育での情報教育について 防災教育

著作
  • ・「第3章 現代の学校教育制度」
    (蔭山雅博編著,2012『新版 はじめて学ぶ教育の原理』学文社)
  • ・「5章 家庭教育と社会教育」の一部と「6章 学校教育と社会教育」
    (遠藤克弥編著,2011『地域教育論 生涯学習から社会教育へ』川島書店)
報告書
  • ・『震災時における学校対応の在り方に関する調査研究報告書』
    (平成23年度文部科学省委託研究「学校運営の改善の在り方に関する取組」)
    日本教育経営学会、国士舘大学
  • ・平成22年度兵庫ニューメディア推進協議会 調査研究報告書
    『若年層の携帯電話利用とデジタルデバイトの関係に関する調査研究』(研究代表 飯嶋香織)
  • ・平成23年度兵庫ニューメディア推進協議会 調査研究報告書
    『若年層の携帯電話、スマートフォン及びパソコン利用と情報リテラシーとの関係に関する調査研究』(研究代表 飯嶋香織)

シニア学生へひとこと

仲間とともに、楽しく学び、人生をリフレッシュ!

学生プロフィール

澤野 五郎 62歳

経歴
62年間必死で生きてきました。

山手への進学動機

59歳で定時制高校に入学をして、卒業後の事を考えていた時、神戸山手大学のシニア入学制度を知り、大学進学にチャレンジする事を決めました。

入学してみての感想

定時制高校とは違った、チョット大人の若い学生との、学生生活を楽しんでいます。

将来の目的

私は先の事を考えないようにして、今を楽しく生きているので、将来の目的は、明日を楽しく生きる事です。

若い学生へひとこと

周囲の人に心配・迷惑をかけず、失敗をこわがらず、思い切り飛び上がってください。

シニア学生へひとこと

若者に道をゆずって、がまんせず、生きたいように生きて下さい。

八田 健市 61歳

経歴
製造メーカー勤務、2011年3月退社。在職中は情報システムの企画・開発を担当。

山手への進学動機

会社関係以外の友人を増やしたい。仕事で経験したこと学んだことを整理して、これからの人生に生かして行きたい。

入学してみての感想

新鮮な驚きを多く体験した。大学で学べる幸福をしみじみ感じている。

将来の目的

何か資格を取得し、社会に貢献できる活動をしたい。

若い学生へひとこと

お互いに頑張ろう。

シニア学生へひとこと

新しいことにチャレンジしよう。

A.H

経歴
2011年までの10年余り介護施設で看護の仕事をして来ました。高齢の利用者さんからの仕事を通して年齢の重ね方、生き方を学ばせてもらい、とてもいい影響を受けることができました。

山手への進学動機

若い頃できなかった進学の夢を持ち続けていました。環境問題はこれからの世代に引き継いでいくためには今の生活を見直していく必要があり、環境文化を学びたいと思いました。

入学してみての感想

環境は抜群です。図書館もゆっくり利用できるので、しっかり活用していきたいです。留学生も多く、視野を広げるいいチャンスで学生生活を楽しみたいと思っています。

将来の目的

何か資格を取得し、社会に貢献できる活動をしたい。

若い学生へひとこと

可能性は無限です。いい友人は将来の何よりの財産になります。大切にして下さい。

シニア学生へひとこと

豊富な経験や知恵を持たれている方々から、いろいろ吸収させていただきたいと思います。

Y.H 55歳

経歴
自動車販売会社にて営業課ならびに業務課に就業
自動車部品メーカーにて生産管理、工程管理担当

山手への進学動機

高校の時から大学進学を希望していましたが、家庭の都合で就職しました。でもいつかは大学で学びたいと思っていました。そんな時にシニア50+という入試制度を知って、これだと思い入学することにしました。

入学してみての感想

私の思っていた大学のイメージでは、たくさんの学生が大きな教室でいつも授業を受けていると思っていました。授業のたびに教室が変わるのはいいのですが、移動するだけでけっこう疲れます。

将来の目的

私自身の第二の人生に、山手で学んだことをいろいろと生かせていきたいと思います。

若い学生へひとこと

学生の時だから出来る事、すなわち勉強。
社会に出るとなかなか勉強したくても時間がなくてできなくなります。今のうちにできるだけ多くの知識や教養を身につけてください。社会に出るとかならず役に立ちます。

シニア学生へひとこと

若い人と勉強していると疲れると思いますが、負けないで頑張って下さい。やる気はけして負けてないと思います。

A.H

経歴
2011年までの10年余り介護施設で看護の仕事をして来ました。高齢の利用者さんからの仕事を通して年齢の重ね方、生き方を学ばせてもらい、とてもいい影響を受けることができました。

山手への進学動機

若い頃できなかった進学の夢を持ち続けていました。環境問題はこれからの世代に引き継いでいくためには今の生活を見直していく必要があり、環境文化を学びたいと思いました。

入学してみての感想

環境は抜群です。図書館もゆっくり利用できるので、しっかり活用していきたいです。留学生も多く、視野を広げるいいチャンスで学生生活を楽しみたいと思っています。

将来の目的

何か資格を取得し、社会に貢献できる活動をしたい。

若い学生へひとこと

可能性は無限です。いい友人は将来の何よりの財産になります。大切にして下さい。

シニア学生へひとこと

豊富な経験や知恵を持たれている方々から、いろいろ吸収させていただきたいと思います。

K.Y 60歳

経歴
福井県立の定時制高校卒 4年間
繊維織物工場勤務 同上
卸売業の会社勤務 41年間

山手への進学動機

中学生卒業の頃、経済的事情から定時制進学を決めた時に、大学進学はあきらめた。それ以来、いつか機会があれば大学で学びたいと思っていた。昨年秋に退職後、本大学の神戸新聞の広告を見て、関心のある環境について学べると知り、また50+の案内もあったので受験を決めた。

入学してみての感想

・若い学生と同席しての受講は楽しい。
・ワクワクしたりドキドキしたり、新しい感覚はうれしい。
・中国からの留学生が多く驚いている。留学生の皆さんに神戸、関西の良い面を知って欲しい。

将来の目的

45年間にもわたって仕事を続けてきたので、この度区切りをつけて大学に入った。大学生活で知識を身に付け、環境問題に共に取り組む仲間を見付けて社会活動をしていきたい。

若い学生へひとこと

・留学生の皆さんには、卒業まで頑張って欲しい。私にも何か手伝えることがあると思う。
・社会生活を送る上で、最低限のマナーを身に付ける事は必要。それには入学してからの1~2年が、長い人生で大切な時と思う。卒業してからでは遅いのではないか。

シニア学生へひとこと

自らの意思で本学に来ておられる方ばかりと思います。このように望んで学べることに感謝し、社会の一員として何らかの貢献をしていきましょう。

黒岩 薫 53歳

経歴
高校卒業後、国家公務員を経て中国語圏に留学。現地の外資系に就業、台湾、香港(当時英領)、中国青島、バンコク等のアジア中心に駐在員として一年の内半分以上を海外ですごす。企業人としての最後は長野県白馬のホテルでフロントクラークをしていました。

山手への進学動機

ホテル勤務でホスピタリティの基礎(初歩?)を研修し、医療、福祉に興味を持ち、離職。昨年まで医療の専門学校に在学。山手大学の50+入試を知り、観光学コースでホスピタリティを学び、其の方面の起業、若しくは其れに関わる仕事に就きたいと思った。

入学してみての感想

多彩な学生(特に年齢差)に混じって講義に挑むことに関して新鮮さを感じた。亦、専門学校とは違って自己で時間割をつくり、其れを目標にして進めていく勉強も面白い。

将来の目的

動機にも書きましたが、医療・福祉面とも関わりのある旅の企画、宿泊施設等での就業。亦は、自己の目標を引き継いでもらえる人材育成、教師。

若い学生へひとこと

遅刻はダメ。皆、もっと前に座して講義を受けよう。せっかく「シニア」の学生が一緒に学んでいるのだから、積極的に“利用”してみては如何?

シニア学生へひとこと

若い世代に混じって受ける講義も亦、オツなものです。

Y.T 50歳

経歴
短大卒業後、30年務めた後、本大学入学

山手への進学動機

短大を卒業しているが、自分が学びたいと希望していた専攻ではなかったため、4年制の大学でもう一度一から学びたいと思っていたこと。また、本大学で開講されているまちづくりや観光に関連する科目が自分が学びたいと思っていた内容であったことから。

入学してみての感想

教えて下さる先生方は、私よりも若い先生が多いが、いずれの先生も皆たいへん熱心で授業の内容もわかりやすい。英語の単語など、すっかり忘れてしまっているので、授業についていけるかどうか心配であったが、speaking及び資格英語とも人間的にも魅力ある先生で、授業に出席するのが毎回楽しみである。私って、英語が好きだったっけ!?と不思議に思っている。

将来の目的

年齢的に再就職することはきびしいと思うが、大学で学んだことを活かして、できればフルタイムで働きたい。現在、資格を取得するため、大学の勉強と併行して、夜も講座を受講中。

若い学生へひとこと

大いに学び、大いに遊んで、学生時代の今しかできないことにどんどん挑戦してほしい。また、友人をたくさんつくってほしい。私自身が、今、学生時代の友人に支えられ、励まされて、勉学に励む日々を送っているので。

シニア学生へひとこと

シニアの中では、私はまだ一番年下なので、私自身がシニアの方に学ぶところがたくさんある。仕事に就いてから大学に行くということで、世間一般の人とは順番が逆だが、だからこそ新鮮な気持ちで学ぶことができるのかなと思う。

K.M

経歴
1973年3月に大学を卒業。

山手への進学動機

38年間の公務員生活を終えるころ、神戸山手大学のアドミッションポリシーに魅力を感じ進学を決意しました。社会人として培ってきた知識・経験はあるものの、もう一度原点に返り生涯教育という観点から、若い学生とともに真剣に学び直したくなったからです。

入学してみての感想

通学の便も良く、坂道の上り下りは、適度な運動になります。通学経路を変えることにより、街並みや景観を楽しみながらの通学は、なかなかのものと気に入ってます。大学の先生、スタッフの皆さんは、親切で素晴らしい方々で今後の人生に、明るい未来を感じています。

将来の目的

苦手な、英語をはじめ言語コミュニケーションの習得に努め、異文化環境への理解を深め、グローバル化に対応できる人材になれるよう取り組んでみたいと思います。 社会貢献できれば最高です。

若い学生へひとこと

せっかく与えられた勉学のチャンス。一日一日の積み重ねが大事。是非、神戸山手大学から公務員へも挑戦してください。

シニア学生へひとこと

様々な経験をされた方々がおられるので、アドバイスをいただき、視野を広げていければと思っています。

K.Y

経歴
大阪府立門真高校卒
日興証券にて3年勤務 結婚
子育てをしながら(株)エイムに20年勤務

山手への進学動機

高校卒業後大学に行きたかったのですが、家庭の事情で就職しました。でもどうしても大学に行きたいという夢をすてきれず、どこかないかなぁとインターネットで調べていたら、山手のシニア入試の事が見つかり、すぐ入試の手続きをとりました。勉強も私のやりたかった語学と観光があったので、うれしくって、今は入学できて本当に喜んでいます。

入学してみての感想

まだ、今はいっぱいいっぱいで余裕はありませんが、有意義な大学生活を送れるようがんばりたいと思います。

将来の目的

ペットと泊まれる宿をやっていますので、将来はペット連れの方の旅のお手伝いができるような、ツアーコンダクターになりたいと思います。

若い学生へひとこと

まだ、あまりふれあう機会はありませんが、一度しかない大学生活を有意義に送っていただきたいなぁと思います。

シニア学生へひとこと

これからの4年間、皆さんのいろいろな意見に耳を傾けて、健康に気をつけて、皆さんといっぱい勉強して、楽しい学生生活を送れたらと思っています。4年間よろしくお願いします。

メンバー紹介トップへ戻る