4期生(担当:山本 賢治)

担当プロフィール

山本 賢治

経歴
奈良県出身
立命館大学大学院博士課程単位取得
大阪市役所職員、鹿児島経済大学(現鹿児島国際大学)教授を経て
1999年より神戸山手大学教授
2010年より神戸山手大学学長

専門分野

地域社会学、都市社会学

研究テーマと主要論文

都市化社会におけるコミュニティの研究
編著『住みごこちの社会学』法律文化社
共著『人間復権の地域社会論』自治体研究社
共著『都市経営の思想』青木書店
共著『京阪神都市圏の重層的なりたち』昭和堂

シニア学生へひとこと

仲間とともに、楽しく学び、人生をリフレッシュ!

学生プロフィール

福山 雅章 59歳

経歴
おもに半導体およびメーリング業界で技術系の仕事に携わっていました。

山手への進学動機

以前の職場でISO14001関連の活動に参加したこともあり、環境に興味を持っていましたところ、本校の広告を拝見し、環境に関して学びたいという気持ちが強くなり入学させていただきました。

入学してみての感想

都会の町並みに調和したキャンパス、手作りで学生を育てている感じがして、学びの環境はグッドだと思います。また、機械いじりが好きな私が不得手な文科系にチャレンジしています。最初は、戸惑うことも多かったのですが、何とか順応できそうです。

将来の目的

卒業後、可能であれば環境関連の団体に入って活動することが目標です。

若い学生へひとこと

若い学生のフレッシュで柔軟な頭がうらやましいです。あとで後悔しないように目標を持って、できる限り色々なことを学び、吸収してものにしてください。

シニア学生へひとこと

シニアの方々は、各分野で活躍された達人ですので、未だに未熟な私を指導していただければありがたいです。

S.T

経歴
航空会社でグランドホステスとして働いた後、多国籍企業でプライベートセクレタリーをし専門職に従事。退職後、おもに小学生に算数と英語を教える。大学は2回目。専門学校にも3年通学。NPO、ヘルパー、障害者ボランティア等を行なう。

山手への進学動機

いくら資格をもって頑張っても、すべて年齢でやりたいことがやれなくて悔しい思いをしていた時、山手大の広告に出会った。

入学してみての感想

余りにも学生に優しすぎて、こんなことでいいのかとびっくりしてしまう。環境もよく、人も少ないので、恵まれた環境に感謝している。

将来の目的

学んだことを生かして自分で何をやり、生涯現役をめざす。

若い学生へひとこと

教育費もばかにならないので、親のことを考えて人生にたった一度しかない時間をむだにしないようにしてほしい。

シニア学生へひとこと

お互いに助け合って何かをやりとげましょう。

F.I 60歳

経歴
S44.3 高校卒業
S44.4 就職
H23.3 退職
H23.4 神戸山手大入学

山手への進学動機

大学の中では、シニア対象のケアが行き届いていると思った。 新しい人間関係を作りたい。

入学してみての感想

一日の授業の間に空き時間がないせいか、まわりの人と話をする時間も、ほとんどなく、とても残念。

武貞 静江

経歴
出版社(法律関係図書)・ビジネスアカデミー(専門学校)

山手への進学動機

機会があれば学んでみたいと思っていました。シニアというクラスにめぐりあい、決断しました。

入学してみての感想

環境もとても良く、先生ほかスタッフも素晴らしい方がそろっておられ、そんな方々に接し、学んでいけることを幸せに思っています。予想以上に充実した日々です。

将来の目的

地域に役立つような学習に取り組んでいきたい。

若い学生へひとこと

悔いのない学生生活と勉学に励んでください。

シニア学生へひとこと

みなさんとても熱心に学んでおられ、心地よい刺激を受けています。

M.S

経歴
研修会社の事務14年余・学童保育指導員約5年

山手への進学動機

今やりたいことを考えた時、出会ったのが神戸山手大学だったのです。交通の便も良く、最寄駅からも近いので通えると思い、これだと決心しました。

入学してみての感想

長いブランクの勉強、頭をフル回転しても、なかなか働かないです。勉強は、まだまだ問題ですが、毎日が充実して楽しいです。今まで問題意識をもっていなかったので、考える?いろいろなことについて、考えることができ、社会にも目を向けることができます。

将来の目的

学生生活を満喫したいです。一つでも多くのことを経験し、体験し、習得した上で、自分にできることを見つけたいです。

若い学生へひとこと

入学して最初に、山本学長より教えていただきました。「少にして学べば即ち壮にして為すことあり 壮にして学べば即ち老にして衰えず 老にして学べば即ち死して朽ちず」若者よ、今、勉強すれば、”自分の志を為すことあり”です。可能性いっぱいですヨ。

シニア学生へひとこと

今までの社会とはちがった学生生活。それぞれに目標をもって、活き活きと勉学に励んでおられる先輩たちの姿に感動しました。私も見習いたいです。

亀田 典男 60歳

経歴
神戸生まれ、神戸育ち。県立鈴蘭台高校卒業後、パルモア英語学院へ進学。職歴は、コープこうべ(38年間)のみ。

山手への進学動機

還暦を迎えたら真摯な態度で人生や人さまに向かい合わないといけないと考えました。山手大学のことを知り、予てから学びたい学科だったので、迷わず決心です。

入学してみての感想

やる気マンマンの同期生たちに刺激を受け、親切なシニア先輩方や若い世代の学生との交流もあって、毎日がとても新鮮で楽しい。私の息子も、大学一年生。共通の話題で会話が増えました。

将来の目的

観光学と語学力をしっかり身につけて「80日間世界一周旅行」南米大陸には、ぜひ、行ってみたい。今までとちがった目線で、ゆっくりと時間をかけて観光します。ボランティア活動にもがんばります。

若い学生へひとこと

将来の職業感を見直すことをとても大切なことです。この職業を通して自分が何を表現できるのか、どんな役割を果たせるのか、何のために「この仕事」に携わるのかという意味づけをきちんと持っていれば、必ず、困難は乗り越えられます。「夢」を大切にしてください。

シニア学生へひとこと

「健康第一」です。足腰を鍛えましょう。18歳から北アルプスの山々へトレッキングや富士登山、六甲山全山縦走と山歩きを楽しみ続けています。ハイキング同好会を発足しましたので、一緒に歩きませんか。

平松 茂 62歳

経歴
炭素材(石炭・コークス・活性炭etc)製造管理(出身:九州男児)

山手への進学動機

若い頃行けなかった大学で勉強したくなった。(年金受給資格取得が引き金)

入学してみての感想

毎日の勉強で大変。小遣いゼロ(!)、苦学生です。でも若者に混じって楽しく過ごしています。

将来の目的

4年間(?)勉強の成果と人生経験を理解していただける職場(ボランティア)があれば幸せです。

若い学生へひとこと

若い力は素晴らしい。社会の枠にこだわらず飛び出してほしい。今の常識は永久ではない。

シニア学生へひとこと

「健康第一」 若者に自分の常識を押し付けてはいけません。社会の枠にはめ込まないでください。

メンバー紹介トップへ戻る