1期生(担当:福原 栄太郎)

担当プロフィール

福原 栄太郎

経歴
関西学院大学大学院、大阪府立高校教諭、神戸山手女子短期大学大学教養学科教授を経て現職

専門分野

日本古代史、環境歴史学

趣味

山歩き,テニス,旅行,料理

研究テーマと主要論文

日本古代律令官制の研究

大宝律令によって完成を見た日本古代の官司制度の成立過程を解明することにより、その特質を探る。

関係論文

  • 「中務省の成立」をめぐって」ヒストリア 77号、
  • 「孝徳朝の「刑部尚書」について」『日本歴史の構造と展開』
  • 「天武朝官制についての一視点」『律令制社会の成立と展開』
  • 「勤務評定」『文字と古代日本1』
古代における「家」の考察

日本古代において貴族層は家政機関を付与され「家」を設けることが許された。但し律令規定では、その「家」は五位以上の位階を得た個人に属すもので、死後は収公される。果たして「家」に継続性はなかったのか。実態の解明に取り組む。

関係論文

  • 「古代における贈位・贈官について」『古代史論集』下
  • 「藤原朝臣不比等の登場」『続日本紀の時代』
長屋王家木簡の研究

第一次史料である長屋王家木簡の分析を通して、古代社会の実態解明に取り組む。

関係論文

  • 「長屋王家形成についての基礎的考察」続日本紀研究277号
  • 「長屋王家木簡にみえる乳母について」『神戸山手女子短期大学紀要』36号
  • 「長屋王家木簡にみえる木上について」『日本歴史』562号
  • 「長屋王家の消費活動」神戸山手大学「紀要」3号
  • 「長屋王家と肩野津」『続日本紀の諸相』
環境歴史学の試み

日本古代において、環境の変化が歴史に与えた影響を解明したい。

関係論文

  • 「歴史形成と自然環境をどう考えるか」『環境文化を学ぶ人のために』
  • 「天平九年の疫病流行とその政治的影響について」『環境文化研究所紀要』4号
  • 「再び天平九年の疫病流行とその影響について」『環境歴史学の視座』
  • 「古代における森林の認識ー風土記を中心にして」神戸山手大学「紀要」5号
その他

『宗像市史』『兵庫県の地名』平凡社 『歴史考古学事典』吉川弘文館などに執筆

シニア学生へひとこと

あせらずのんびりと。学ぶことの楽しさを感じることが出来るのはシニア世代(上級世代)の特権です。

学生プロフィール

高田 良則 57歳

経歴
昭和45年4月に石油会社に入社し、石油精製装置のオペレーターと環境に関る提案型営業を経験しました。

山手への進学動機

環境というキーワードで、地域に何か貢献したい。また、知識の拡がりと深まりを習得したいため。

入学してみての感想

聞くものが新鮮・興味が湧き、楽しく充実した日々です。若い学生に接していると若返ります。

将来の目的

大學で習得中の知識と過去培った省エネルギーのノウハウを融合させ、微力ながら中小企業で頑張りたい。それらの活動を通して、納得いく人生を目指したい。

若い学生へひとこと

せっかくの縁を大事にして「一緒に楽しもう」。まず、今は挨拶から始めてます。気楽に声をかけますのでよろしく。

舟木 澄子 66歳

経歴
会社を退職後神戸シルバーカレッジで仲間づくりに励み、卒業後神戸山手大学へ入学

山手への進学動機

環境問題を学べる
立地条件が良く家から近い
少人数の授業で先生と学生との距離が近い
奨学金を給付される。

入学してみての感想

進学動機となったものが全て満たされ楽しく学ぶことができ、充実した毎日です。「体力勝負」といわれたことを実感している毎日です。

将来の目的

子供達と一緒に遊びを通じて楽しみながら環境を学びたい。

若い学生へひとこと

恋に、遊びに、勉学に、青春を謳歌してください。

シニア学生へひとこと

健康に留意して、学ぶことを楽しみましょう。

宮西 さつき 52歳

経歴
岡山県立高校卒業
大阪写真専門学校修了
営業写真館ブライダルプロデュースの仕事を経てJリーグ開幕の年に独立、フリーに。
今に至る。

山手への進学動機

写真の幅を広げる
知識欲 学歴
将来の夢の実現

入学してみての感想

現在、知識欲が満たされてとてもハッピー
これを次につなげて行かねば

将来の目的

自然写真家

若い学生へひとこと

頑張れ、未来は君たちにかかっている

シニア世代へひとこと

若い者には負けられないぜ

八木 きよ子 66歳

経歴
34歳で神戸市立中央市民病院に就職して以来 23年間手術室、集中治療室、中央材料室、新生児室、 などの特殊部門で勤務し退職にいたりました。

山手への進学動機

60歳を期に何か、勉強したいなあー、っと思っているところに山手大学の50プラスを知り進学を決意し、環境文化についての知識を深めてみようとおもいました。

入学してみての感想

将来の目的

昔のように1軒の家に何世代もの人が皆仲良く暮らせる「家創り」が私の理想です。家族が助け合いながら年寄りも子供もみんなで看ていく生活環境をつくりたい。

若い学生へひとこと

学生時代でしか出来ないことが一杯あると思う。それをこころおきなくやってほしいです。

シニア世代へひとこと

こころ穏やかにゆったりと自分研きに励んでみてはいかがでしょう。

吉村 清

経歴
環境機器(大気関係)の設計、製造、技術営業を携わり、特にVOC,ダイオキシン関連機器ではいち早く欧米から技術導入し取組。趣味で始めた植物との係わりも、かれこれ10数年を経過し経験を活かし、神戸市立森林植物園のボランティアガイドをしております。

山手への進学動機

近隣大学で環境を重視していた。

入学してみての感想

取巻く世相は環境の事ばかりで時代にマッチしていて非常に楽しく過ごしております。

将来の目的

全国の森林植物園を調査し、将来の植物園の姿を纏めた本を書く。

若い学生へひとこと

よく遊び よく学び でもう少し勉強して欲しい。

シニア世代へひとこと

ガムシャラに働いて来たシニア世代は此れからは、ゆっくりと再春を楽しみませんか?

上田 博嗣 53歳

経歴
教職(技術教育)(兵庫県・鳥取県)。
国際理解教育・情報教育・視聴覚教育・企画広報担当。

山手への進学動機

若い頃から、地理、地学、民族、民俗などに興味を持ち続け、いつかは専門的に学習をと願っていた。16年間、神戸に住んでいたが、神戸の魅力やよさを再発見するとともに、町づくり、都市計画、都市景観、地域政策などにも関心を広げたい。本学の内容が他大学に比べ、もっとも神戸らしいと思われたから。

入学してみての感想

大学の立地条件は抜群で、神戸市内の観光施設や山手界隈の雰囲気を十分に味わえるという環境やすばらしいスタッフのみなさまに恵まれていると思う。

将来の目的

「観光・地理・都市」をキーワードに、学習したいと思います。

若い学生へひとこと

「学び」の環境は十分です。自分の学習への意欲や動機を生かすことが大切。

シニア世代へひとこと

「シニアの「若年部」に所属。諸先輩方の豊富な経験や知恵を拝借したいもの。

小川 ゆかり 50歳

経歴
専業主婦ひとすじ?

山手への進学動機

知識を豊富にすることは、人生を豊富にできると思ったから。

入学してみての感想

いろんな人と出会えて毎日が新鮮でとても楽しい。

将来の目的

4年間で得た事を生かしたい。

若い学生へひとこと

何でもチャレンジしてみてほしい。

シニア世代へひとこと

ゆっくりいきましょう。

沢本 あつ子 57歳

経歴
21歳で結婚。3男児あり。(既に独立)
42歳から11年キリンビール神戸支社で勤務。
53歳から介護福祉士として訪問介護、特養での仕事に就く。

山手への進学動機

本を読むのが好きで乱読していたのですが、以前からきちんと系統だてて勉強がしたいと考えていた時、50プラスと出会った。

入学してみての感想

思っていた通り楽しいけれど、思っていた以上にハードなので体力との勝負だなあとつくづく実感しています。

将来の目的

身につけた知識を少しでも社会に還元できるようになれればうれしいです。

若い学生へひとこと

何も言うことはありません。がんばって。

シニア世代へひとこと

このメンバー揃って一緒に卒業旅行いきましょうね。

中田 弌子(なかた いつこ)

経歴
岐阜県立加納高等学校卒

山手への進学動機

神戸新聞の「熟年学生よもう一度輝け」の記事を見て、輝く最後のチャンスと思い面接試験にのぞみました。

入学してみての感想

50歳違いの学生さんと同じ講義を受け、日々新しい知識を得、孫のような友達も沢山出来ました。 就職歴も無く主婦一筋で来た私にとって、今輝いて、大学の楽しさを実感しています、が残念な事は体力が無いことです。 健康第一に無理をせず勉強して行きたいと思っています。

将来の目的

終の街となる神戸を良く知り、観光に来られる方々に何回も足を運んで戴けるような、お手伝いが出来ればと思っています。

若い学生へひとこと

青春真っ只中の学生さん!先で後悔することの無いよう、今を大事に勉強して下さい。

シニア世代へひとこと

シニア一期生として入った13名の皆さんはやる気が漲っています!全員青春しています。色々な経験を経て来られたメンバーと一緒に頑張って行きたいと思います。

村上 博道 61歳

経歴
船舶および舞台設備設計に従事

山手への進学動機

リフレッシュ&自己充実

入学してみての感想

毎日が楽しい

将来の目的

学んだことを社会へ還元したい

若い学生へひとこと

何か打ち込めることを見つけて欲しい

シニア世代へひとこと

好奇心を持って新しいことに挑戦!

森谷 八重子 63歳

経歴
高校卒業(S38年)電電公社へ入社、以後42年間 3人の女の子を育てながら勤める。

山手への進学動機

大学生活への憧れ(花の女子大生)♪

入学してみての感想

心にゆとりが無いのか、急かされている気分。

将来の目的

4年間で卒業すること(来る70代を目前にして晴れやかな顔をして)。

若い学生へひとこと

頭の柔らかいこの時期を大事に思って、勉強に集中して!

シニア世代へひとこと

体を労りながら、共に楽しい学生生活をおくりましょう。

メンバー紹介トップへ戻る