生田川さくらまつりで「住まい・環境」相談室PR活動(神戸山手大学シニア卒業生)

神戸山手学園と神戸市中央区との地域連携行事、地元・中央区役所が主催する 「生田川さくらまつり」 に生徒会放送部5名、インターアクトクラブ生徒15名、音楽体操部生徒12名が参加しました。今年も生田川のさくらが満開でちょうど見ごろ、好天に恵まれ無事に行われました。(来場者約5000名)

インターアクトクラブ生徒が日ごろから校内で実践しているゴミの分別・減量・リサイクルへの呼びかけを、神戸市環境局のキャラクター「ワケヘン・ワケニャン」と共にイベント会場で行い、ごみステーションで活動しました。

生徒会放送局がイベント司会進行を担当して盛上げ、葺合市場商店街の紙芝居では地元に伝わる民話を語りました。音楽体操部が華やかな元気あふれるチア・ダンスを披露しました。

神戸山手大学シニア卒業生3名が、会場内の「すまい・環境」相談室ブースで地元へPR行い、毎年恒例の大学ホタル観察会【5月23日(月)~6月3日(金)】を紹介しました。

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

  • 生田川さくらまつりで「住まい・環境」相談室PR活動(神戸山手大学シニア卒業生)

ニュース・メディア情報 一覧へ戻る