神戸市「野菜を食べようキャンペーン」に参加

神戸山手大学は、神戸市の「野菜を食べようキャンペーン」に参加しています。
国民健康・栄養調査によると全世代で野菜の平均摂取量が目標量(350グラム)を下回っており、とくに20歳代は男女共に最も少ないことが分かっています。

国民健康・栄養調査結果によると、全世代で野菜の平均摂取量が目標量である350グラムを下回っておりとくに20歳代は男女ともに摂取量が少ないことがわかっています。

そこで、若い世代が集まる大学等と連携し、学生にとって身近な学生食堂において野菜を気軽に食べられる環境を整える取組を実施します

神戸山手食堂(1号館食堂)では2019年6月10日(月)〜28日(金)の土・日を除いた期間中、次の取組を実施します。
・サラダ商品を毎日販売する。
・毎日の小鉢を野菜を多く摂れる商品にします。


  • ゴーヤチャンプルー、野菜の春巻き

詳細は、 チラシ(PDF) をご覧ください。

  • 掲載年から探す