神戸山手大学と神戸観光局との観光振興に関する連携協定の締結

神戸山手大学(学長 井内 善臣)と一般財団法人神戸観光局(会長 尾山 基)は、神戸市及び周辺地域の観光事業を国内外において戦略的に推進するため、「観光振興に関する連携協定」を締結します。

1.協定締結の目的

神戸山手大学が蓄積した観光人材育成事業や観光マーケティング研究などをもとに、神戸観光局が展開する日本版DMOの機能を強化・推進し、神戸の観光振興を図ることを目的とする。

2.協定の概要

(1)神戸の魅力創出・発信に関する事項
(2)観光振興、観光商品開発に関する事項
(3)観光人材育成に関する事項
(4)観光マーケティング戦略立案に関する事項
(5)その他両者が観光振興のために必要と認める事項

3.具体的施策(案)

現在、想定している具体的な連携による取り組みは以下のとおりです。

 

(1)外国人留学生との相互協力
外国人留学生に神戸観光のサポーターとなってもらい、イベント等への参画、情報発信を促すと共に、彼らの課題の解決に神戸観光局が協力する。

 

(2)観光マーケティングサポート
神戸山手大学の有する観光マーケティング戦略及び観光人材育成等のノウハウを活用した神戸観光の分析・施策立案のサポート

 

(3)「CYCLOG in 神戸」
自転車によるオリエンテーリングイベント。自転車を使って地域内を周遊してもらうことで、観光資源をPRするとともに、交流の拡大や地域の活性化を図る。

ニュース・メディア情報 一覧へ戻る