地域社会貢献「KOBEルミナリエ」募金ボランティア最終日【12/17】の模様

地元神戸市中央区にある旧外国人居留地・東遊園地では12月8日(金)〜17日(日)の期間中「KOBEルミナリエ」が開催され、昨年を14万人上回る340万人が来場して消灯式の日を迎えました。

 

期間中お天気にも恵まれ、神戸山手大学・短期大学の学生有志延べ50名が「100円募金ボランティア」活動を他大学等と共に行いました。
最終日は、仲町通・東遊園地募金エリアで神戸山手大学・短期大学学生5名が「神戸ルミナリエ」の継続開催に向けて、訪れた42万人の来場者の皆さんに「パペット」を使い、県のマスコット「はばタン」や「コーベアー(KOBEAR)」と共に募金を呼びかけました。
旧外国人居留地から東遊園地内での活動に「寒い中、ご苦労様。」等の温かい励ましの声をいただきました。募金にご協力下さいました皆さま、ありがとうございました。

 

▼神戸ルミナリエ・公式ウェブサイトはこちら▼

ニュース・メディア情報 一覧へ戻る