神戸山手大学、今後の観光の中核を担う観光産業人材の育成・強化をテーマに「観光立国フォーラム in KOBE 2017」を開催(2月10日、神戸ハーバーホール) 

神戸山手大学(神戸市中央区/学長:井内善臣)は2017年2月10日(金)神戸ハーバーホール(神戸市産業振興センター3階)にて、訪日外国人(インバウンド)観光客の受け入れや今後の観光の中核を担う人材の育成・強化をテーマに「観光立国フォーラム in KOBE 2017」を開催します。

第1部・第2部は入場無料、第3部は参加費5000円(税込)です。参加にはhttp://urx.red/Ayifからのエントリーが必要です。ご関心のある一般の方のご参加をお待ちしています。

<本フォーラム概要>

第1部
本学が今年度文部科学省より受託した「訪日外国人観光客4000万人時代に備えたインバウンド中核人材養成事業」に関する報告や文部科学省「職業実践力育成プログラム」(Brush up Program (BP) for professional)認定制度に関する解説を行います。

第2部
インバウンドの現場で活躍する方々によるパネルディスカッションを行います。パネリストは、いずれも「インバウンド中核人材養成事業」の委員や実証講座の講師等を務めた方々です。

パネリスト

  1. ・中村好明氏(株式会社ジャパンインバウンドソリューションズ 代表取締役社長)=本事業・委員
  2. ・村山 慶輔氏(株式会社やまとごころ 代表取締役社長)=本事業・委員、企業連携講座講師
  3. ・畑中 綾 氏(株式会社インプリージョン)=本事業・実地研修担当
    (※株式会社インプリージョン代表取締役オダギリサトシ氏は本事業の委員です。)
  4. ・田中 伶奈氏(株式会社Feel Japan)=本事業・実地研修担当
    (※株式会社Feel Japan・CEO藤田勝光氏は本事業の委員です。)

パネリストのプロフィールは詳細パンフレットをご参照ください。

コーディネーター

  1. ・小野田 金司 (神戸山手大学 学長補佐・教授)

第3部
神戸・元町インバウンド協議会の企画運営協力による交流会をおこない、訪日外国人(インバウンド)の多様性に対応する観光人材の育成・強化に関する議論、ビジネスマッチングや産学官の交流連携を深めたいと考えております。 

イベント 一覧へ戻る