「訪日外国人観光客4000万人時代に備えたインバウンド中核人材養成事業」 キックオフ委員会を8月4日(木)に六甲山で開催!

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が運営する六甲山上の眺望スポット「天覧台」で、神戸山手大学が主催する「訪日外国人観光客4000万人時代に備えたインバウンド中核人材養成事業」の第1回シンポジウムを8月4日(木)に開催します。

同シンポジウムは、平成28年度文部科学省委託「成長分野等における中核専門人材養成等の戦略推進事業」における事業で、インバウンドの多様性に対応する観光人材の育成を目的とし実施します。全国各地の観光事業者、行政や大学関係者が、関西有数の観光地である六甲山上に一堂に会し、意見交換を行います。

イベント 一覧へ戻る