教育目標

「神戸山手大学現代社会学部規則」に定めているところでありますが、要約すると以下の通りとなります。

人材育成に関する教育目標

  1. 個としての市民意識の形成
  2. 文化に対する広範で深い教養の修得と新たな文化創造のための豊かな感性の涵養
  3. 知識・教養の実社会での運用能力と自己表現能力に優れた人材の育成

  • ※ 涵養(かんよう):
    水がしみこむように、少しずつ無理をせず自然に養成していくこと。

大学が期待する学生像

  1. 礼儀正しく、洗練されたセンスに富み、知性を感じさせる人
  2. 市民社会の一員として社会貢献の意欲に富み、自由で清新な文化創造に貢献できる人
  3. 多様な人に寛容で、世界に開かれた多文化共生の精神に富む人

現代社会学部の教育理念・目標

グローバル化が進展する現代社会の諸問題を理解するための専門的学芸を学び、社会や文化について科学的に理解し問題解決を図る能力を持つことを目標としています。総合社会学科では、複雑に絡み合った現代社会の問題に、従来の学問の枠を超えてクロスオーバー的に探究し、総合的視野と知力を磨きます。観光文化学科では、未来の日本の観光を担うにたる資質・能力・知識を兼ね備えた人材を養成します。

このため本学は、高校までの基礎学力をベースにしながら、従来の教養的学問から一歩踏み出し、本当に社会で役立つ能力を身につけることを目標とします。そのために、問題発見、情報の収集とデータ分析、コミュニケーション能力、さらには問題解決に向けての広い視野と想像力を備えた人材を育成することをめざしています。