沿革・歴史

「コミュニティ立」ともいうべき学園創立と大学開学

神戸山手大学の設置者である学校法人神戸山手学園は、1924(大正13)年、当時の神戸市立山手尋常高等小学校校長杉野精造の発起の下、同校父兄会有志の賛同と協力により設立された「山手学習院」に起源を発します。国公立でもなく、宗教法人でもなく、また、一私人によるものでもない、正に「コミュニティ立」ともいうべき設立経緯こそが、本学園の特色とするところであります。

1926(大正15)年に開校した、「神戸山手高等女学校」は、1938(昭和13)年の阪神大水害や、第2次世界大戦など数多の苦難を乗り越え、1947(昭和22)年の学制改革とともに新制の「神戸山手女子中学校」へ、翌(1948)年には「神戸山手女子高等学校」へと移行するとともに、1950(昭和25)年には「神戸山手女子短期大学(現在の神戸山手短期大学)」がスタートし、発展を続け現在に至っています。

神戸山手大学は、1999(平成11)年に女子大学として開学しましたが、これは、1997(平成9)年、神戸山手女子短期大学に付設された環境文化研究所の「環境と人間の共生をめぐる文化研究」を機軸に、その社会的重要性を踏まえ、21世紀における人や社会と自然が共生できる文化のあり方を教育研究テーマとする「人文学部環境文化学科」としての開学でした。
その後、男女共学に移行するとともに、2006(平成18)年には「都市交流学科」を増設し、2008(平成20)年には、学部名称を「現代社会学部」へと変更しました。2013(平成25年)には、「環境文化学科」「都市交流学科」を募集停止し、新たに「総合社会学科」を設置しました。さらに、2015(平成27)年には、神戸夙川学院大学の教育資産を継承した「現代社会学部観光文化学科」を設置しました。

1924 山手学習院創立
1926 神戸山手高等女学校開校
1927 財団法人「神戸山手高等女学校」設立
1929 同窓会「友松会」結成
1942 神戸山手高等女学校・補習科設置
1943 補習科廃止、専攻科設置
1946 専攻科廃止、高等科設置
1947 神戸山手女子専門学校開校(被服科・国文科・経済科)、新制・神戸山手女子中学校開校
1948 新制・神戸山手女子高等学校開校
1950 神戸山手女子短期大学開学(家政科・文科)
1951 財団法人から学校法人「神戸山手学園」に変更
1958 1号館竣工
1960 短大に学科を増設(家政科・英文科・国文科)
1964 旧2号館竣工
1965 短大に学科を増設(教養科・芸術科)
1969 短大に学科を増設(音楽科)、学科名称を変更(芸術科・音楽科を除き、科を学科に)短大音楽科教棟(5号館)竣工
1971 短大に専攻科を設置(音楽専攻)
1979 同窓会館「友松会館」竣工
1986 3号館竣工
1989 4号館竣工
1990 短大の学科名称を変更(「家政学科」を「生活学科」に)
1993 新2号館竣工
1999 神戸山手大学開学(人文学部環境文化学科)、学園創立75周年
2002 大学を男女共学に移行
2006

大学に新学科「都市交流学科」設置、大学人文学部環境文化学科定員変更
大学に「教職課程」を開設

  • ※免許状の種類および免許教科
  • ・中学校教諭一種免許状(社会)
  • ・高等学校教諭一種免許状(地理歴史)

連携協力に関する協定締結(神戸市中央区)

2007 連携協力に関する協定締結(神戸市教育委員会)
2008 大学の学部名称を変更(「人文学部」を「現代社会学部」に)
連携協力に関する協定締結(神戸市立相楽園)
2010 財団法人日本高等教育評価機構による大学機関別評価で認定を取得
ISO14001認証取得
2011 連携協力に関する協定締結(兵庫県商工会連合会)
2013 現代社会学部総合社会学科設置
2015 現代社会学部観光文化学科設置
2016 短大に新学科を設置(「現代生活学科」)