あなたが社会に出る日、その手にもっていてほしいものがある。

「未来」という言葉に、あなたはどんな印象を感じますか。
夢、希望、憧れ…。明るく受けとめる中にも、
多かれ少なかれ、不安も感じているのではないでしょうか。
その不安をいかに小さくしていけるのかは、
これからの4年間をどう過ごすのかだと私たちは考えます。

大事なのは、社会に出てから輝こうとするのではなく、
社会に向けて、今から少しずつでも輝きを増していくこと。

そのための教育スタイルが、神戸山手大学にはあります。
自分の興味をきっかけに、必要とする学びをカスタマイズ。
キャンパスの中で知識を蓄えるだけはなく、文化・産業・観光・自然が共存する神戸という舞台で実践することで、
どんどん複雑多様化していく時代を自分なりに生き抜けるチカラを身につけます。
あなたを前に進めながら、あなたの未来にも応えられる。
そんな4年間が、神戸山手大学ではじまります。

輝いている女性を目指して。誰よりも充実した大学生活を。

山内 海宇さん

神戸山手女子高等学校 出身
総合社会学科 3年

人見知りの自分を変えたい。神戸山手だから、できたと思います。

私は、中学から神戸山手育ち。充実した時間を送ることができましたが、外の大学へ進むことも考え、関西の上位校も視野に入れていました。でも、授業の選択肢の多さ、観光ビジネスが学べること、少人数制の授業に惹かれて、ここへの入学を決めました。一番の決め手は、少人数制。先生が一人ひとりをちゃんと見てくれているからこそ、成長できると思ったんです。神戸山手育ちといっても、大学はゼロからのスタート。中高時代に仲がよかった友だちはみんな違う大学に進学し、4年ぶりに新しい環境です。だから、この機会に人見知りを克服して、あらゆる機会に挑戦しようと決心しました。今では昔からの友だちに驚かれるほど変わり、誰よりも大学生活を充実させている自信があります。そうなれたのも、大学のアットホームな環境のおかげです。

やりたいことに取り組めるから、すべてのチャンスに、全力で。

これまでオープンキャンパスの運営や、神戸市主催の政策提言コンテストなどに参加。コンテストでは発表時の様子を評価していただき、最終選考会の司会に抜擢されました。予想外でしたが、練習したことを認めていただいたのが、うれしかったです。現在、最も力を入れているのは、「学生プロジェクト」。大学の審査に通過すれば、補助金をいただきながら、好きなテーマを研究できる制度です。犬好きの私は、三宮の街を犬と快適にお散歩できるように、マナー集やマップづくりに取り組んでいます。友だちとそれぞれの得意分野を活かして、市役所へのヒアリングなどを行いながら、企業とのコラボレーションも検討しています。まずはプロジェクトの成功を目標に、その後も様々なことに挑戦していきたいです。学びも、遊びも、全力で。芯の強い、輝く女性になりたいです。

あきらめずに、やり遂げる。自分の中に、確かな軸ができました。

植山 浩成さん

向陽台高等学校 出身
観光文化学科 卒業

近畿日本鉄道株式会社 就職

好きなことと、必要なことを学ぶ。だから、確実に力がつきました。

大学生活は自由です。だからこそ、その時間をいかに活用して、自分のやりたいことをできるかだと思います。でも、そこには責任が必要なので、授業を休まないというルールを定めて、4年間守り通しました。この大学に入学を決めたのは、観光を学びたかったから。旅行が好きだったことに加えて、外国人観光客の増加を感じて、これから必要な分野だと思ったんです。特に興味を持ったのは、日本に外国人を呼び込むインバウンド観光。観光ビジネス系のゼミに所属し、空港でアルバイトをしています。そして、もうひとつ興味があったのは、語学です。留学することを視野に入れて、週2〜3回は国際交流センターに通い、ネイティブの先生と会話するようにしていました。学びに行くというより、遊びに行く感覚で訪問できるので、オススメです。

違いがあるから、おもしろい。精神的に成長できた、アメリカ留学。

そして、ついに2年次の夏にアメリカへ留学。授業では黙っていると欠席扱いとなるので、ミスを恐れずに発言できるようになりました。文化の違いも、違うことを理解していれば、おもしろいとさえ感じられるようになります。受け入れながら、必要なことは主張するのが大切でした。また、日本を改めて見直す機会にもなり、現地の高校で日本の文化を伝えるという授業にも挑戦。当初の予定より3ヶ月延長するほど、充実した留学生活を過ごすことができました。TOEICが300点台から700点台にまで伸びた語学力の成長も一つの成果ですが、積極性が身につき、あきらめずにやり遂げるという自分の軸となるものができたのが大きかったです。卒業後は、鉄道会社に就職。観光産業を通じて地元・三重の発展に貢献していきたいです。

CAになるという夢を叶えられた。この大学に来て、本当によかった。

町田 都さん

大阪府立花園高等学校 出身
観光文化学科 卒業

全日本空輸株式会社(ANA) 就職

憧れの人に出会い、夢を見つけ、夢を追いかけた4年間でした。

振り返ってみれば、ドラマのような4年間だったと思います。受験に失敗した私に突然かかってきた「今から受験できる大学見つけたから、受けなさい」という母からの電話。母が親身になってくれていることを実感し、大学生活を本気でがんばろうと決意した瞬間です。でも、入学してからの私は、本当にダメでした。何をしたらいいかわからなかったし、大学になじむこともできませんでした。そんな私を変えてくれたのが、偶然受講した学内セミナーの先生です。国際線の客室乗務員(CA)として活躍されていたという先生の凛とした佇まいに、大きな憧れを抱きました。そして、「頑張れば、誰でもCAになれる」という言葉に刺激を受け、その先生のエアラインスクールに入学。強みのコミュニケーション能力を磨くために、アルバイトでも接客業を選ぶなど、目標へ向かって、それからの生活を捧げました。

大きな転機となった上海での日々。そして、まさかの6社から内定。

最も大きな転機となったのが、上海のホテルでのインターンシップです。中国語がろくにできない状態で、いきなり現場へ。もちろん、うまくいかないことばかり。でも、そこから中国語の予習・復習を日課にし、連休には塾通いを行った結果、コミュニケーションが取れるレベルまで上達。限界まで追い込まれましたが、あきらめない大切さを実感し、大きな自信と達成感を得た半年間でした。そして、遅くまで一緒にエントリーシートを考えてくれた先生や、面接練習に付き合ってくれたネイティブの先生、いつでも励ましてくれたキャリアセンターの方たちなど、多くの人の支えで、客室乗務職として内定をいただくことができました。高校生のみなさん、4年間の大学生活は、ぜひやりたいことに挑戦してください。神戸山手なら、必ず応援してくれる人に出会えます。

教わるだけじゃ伸びない。学びのチャンスは、どこにでもある。

小坂 業成さん

大阪府立茨木西高等学校 出身
総合社会学科 4年

少人数制に、シニア学生。意外でしたが、この環境でよかったです。

入学した当初、正直驚きました。想像していたような大学の授業ではなく、高校のクラスのような少人数制の授業が多かったから。でも、今ではメリットを感じることの方が多いです。先生との距離が近いので、授業中に質問でき、理解できているか気にかけてくれています。それに、向上心の高いシニア学生の存在も、大きな刺激ですね。現在、メインで選択しているのは社会学。日常の様々なことが学びとなります。卒論はSNSをテーマに執筆予定なので、メディアやコミュニケーションに関する本をたくさん読むようにしています。本を読みはじめたきっかけは「どのゼミよりも読書をしたゼミになろう」という先生からの呼びかけ。ただ読むだけでなく、それぞれ内容を発表し、誰の本を読みたくなったかということを競い合っています。おかげで、人の心をつかむプレゼンの大切さも学びました。

はじめは、留学生と仲良くなるため。がむしゃらに過ごした中国留学。

社会学以外に力を入れているのが、中国語です。中国人留学生の会話を聞いているうちに、その輪の中に入ってみたくなったんです。聞こえる単語をマネして話しかけてました(笑)。そこから興味が強くなり、夏休みに中国へ。海外生活への不安もありましたが、それも飛行機に乗るまで。そこからは、楽しさが勝ちました。限られた期間をフル活用するため、“行動あるのみ”です。授業以外でも、道を尋ねるフリをしたり、電車で隣になった人にも話しかけたり、どこでも会話の機会をつくりました。うまく伝わらないこともありましたが、みんな理解しようとしてくれます。この1ヶ月の経験で、語学を超えたコミュニケーション力が身につき、何より「教わるだけでは伸びない」ということを学びました。中国で培ったハングリー精神で、残りの大学生活を充実させていきたいです。

一生モノの喜びを届けたい。それが、私の喜びだから。

中村 祥美さん

藤花学園尾山台高等学校 出身
観光文化学科 卒業

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 就職

やりたい!と思ったら、即行動!大学を楽しめるかは、自分次第。

まわりの人が喜んでくれることが、私の喜び。そのためなら、大変なことも苦ではありません。むしろ、その先に成長の実感があるので、試練だと思って楽しみながら取り組んでいます。だから、参加するのはもちろんですが、イベントをつくるのが大好きです。大学では学友会※に所属し、いろんなイベントを企画・運営していました。学友会って堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、自分たち次第で、いくらでも大学生活を楽しく変えることができるんです。メインの活動は学生生活のサポートですが、部活やサークルと協力した球技大会やクリスマスパーティー、OB・OGまで巻き込んだイベントなども主催。多くの人の協力のおかげで、成功することができました。大学生活を通じて、「したい!」と思ったことを実現できるようになったのではと感じています。

好奇心を道しるべに。心を動かす経験を、これからも。

そういった企画を通じて、その場だけでなく、記憶に残るような、誰かのきっかけとなるような体験をつくりたいと強く感じるようになりました。「参加してよかった」、「来年もやりたい」と言ってもらえると、やっぱりうれしい。これからも、そんな喜びの連鎖をつないでいきたいです。だから、卒業後はブライダルプランナーに。就職先は「結婚式を通じて、人生を豊かにする」という理念に共感して働きたいと思った会社。その後の人生によい影響を与えられる特別な結婚式をつくっていきたいです。完全燃焼の大学生活でしたが、社会人になっても、ますます走りつづけていきたいと思います。自分の好奇心には正直に、人を喜ばせることを追求します。このままいくと、いつか日本だけに収まらなくなりそう(笑)。世界で通用するサービスを身につけたいですね。
※転入学前の神戸夙川学院大学の学生組織。本学の学生会に相当。

達成感が、大きな自信に。自分の世界が、ひろがりました。

井上 誠人さん

クラーク記念国際高等学校 出身
総合社会学科 4年

何をしたいのか見つけたかった。だから、幅広く学べる神戸山手へ。

これまでの3年間で、積極的に動けるようになれたと思います。入学前の僕は、何をしたいかわからなかったし、将来の目標もありませんでした。大学生活でやりたいことを、夢中になれる学問を見つけたかった。だからこそ、幅広くいろんなことが学べる神戸山手へ入学することに。何より決め手となったのは、オープンキャンパスです。そこで出会う方々の人柄の良さや少人数制の雰囲気に惹かれて入学を決めました。入学して興味を持ったのは、心理学です。大学生活の目標として、認定心理士の取得を目指しています。そして、心理学を中心に授業をとるうちに、出会ったのが社会学。身近なことが何でも学びとなるので、ニュースなどを見ても様々な視点から物事を捉えられるようになりました。シニア学生の存在も大きいですね。シニアの方々の持つ知識や経験から多くのことを学んでいます。

きっかけは、政策提言コンテスト。大学生活が、大きく動き出しました。

大きく変わることができたきっかけは、2年次で入った社会学のゼミ。そこで神戸市主催の政策提言コンテストに参加しました。テーマは「ポートアイランドの活性化」。自転車が趣味だったのもあり、サイクリングコースの設置を提案しました。すると、なんと最終選考に進出。結果として入賞はできませんでしたが、チームで動く大切さとむずかしさを学び、頑張ればやり遂げられるという自信を得ました。そして、そこからはあらゆる機会にチャレンジできるようになりました。現在は心理学系のゼミに所属していますが、社会調査士の資格の取得を目指して社会学の学びもつづけています。将来に関しても、行政や経済、金融など、少しずつやりたいことが見えてきました。多くの機会がある大学なので、積極的に動けば動くほど、4年間を充実させることができると思います。