研究活動

神戸山手大学教員の研究成果と、神戸山手大学が編集・刊行する出版物等を紹介いたします。

研究成果

詳細は図書館ウェブサイト内【本学学術動向(紀要)】をご覧ください。

研究関連情報

研究活動および公的研究費の不正防止について

神戸山手大学・神戸山手短期大学では、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定平成26年2月28日改正)に基づいて、本学における研究活動における不正行為及び、公的研究費の取扱いに関わる不正防止体制の構築および適正な管理を行うための基本方針を次の通り定めています。

不正防止に関する基本方針

神戸山手大学 学長
神戸山手短期大学 学長

「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定 平成26年2月28日改正)に基づき、本学における研究活動における不正行為及び、公的研究費の取扱いに関わる不正防止体制の構築および適正な管理を行うための基本方針を次の通り定める。

神戸山手大学及び神戸山手短期大学のすべての教職員は、下記事項を遵守しなければならない。

違反者への対応

  • 不正行為を行ったものは、厳罰に処する。
  • 不正行為に関わった業者は、取引停止とする。

また、以下の計画、規程等を定めて不正防止に努めています。