出願受付中!

シニア50プラス入試・
社会人入試

Ⅰ期〜Ⅲ期合格者全員に4年間で160万円の奨学金

インターネット出願マニュアル

事前面談を経て出願。
選考は書類審査のみです。

入試説明会(事前申込不要)

第1回 7/9(日) 13:30~14:30
第2回 10/1(日) 13:30~14:30
第3回 12/9(土) 13:30~14:30
  • いずれも同じ内容です。

募集定員

観光文化学科 20名
総合社会学科 15名
  • 外国人留学生入試との合計人数

選考方法

ポイント

1.エントリーシートの
提出期間は3回あります。

エントリー期間に郵送もしくは持参により提出してください。用紙はこちらからダウンロードしてプリントアウトしていただくか、入学センターにご請求ください。エントリーシートは事前面談ならびに合否判定の際に資料として使用します。

2.キャンパスで事前に
個別面談を実施します。

大学のキャンパスで事前面談を実施します。面談では本学の特色や、学科の学びの中身などを知っていただくとともに、あなたが社会人としての経験を活かしてどんな学びを希望しているのかや将来のビジョンをお話しいただきます。

3.出願は面談が終了してから。
インターネットからの出願をお願いします。

本学への入学意思が固まったら、インターネットから出願手続きをお願いします。必要書類は郵送か持参にてご提出ください。

4.出願後の選考は書類審査のみ。
入学後4年間、奨学金が給付されます。

合否は事前に提出していただいたエントリーシートと、事前面談の内容から総合的に判定します。入学者には、返還不要の社会人奨学金を年額40万円、4年間で総額160万円給付します。

36名のシニア・社会人が学んでいます。

2014年度入学
男性
男性3名
女性
女性3名
2015年度入学
男性
男性6名
女性
女性4名
2016年度入学
男性
男性4名
女性
女性10名
2017年度入学
男性
男性1名
女性
女性5名

TOPICS 神戸山手大学が、社会人向けの観光教育プログラムを開始。

神戸山手大学は、文部科学省の「職業実践力育成プログラム(BP)」の認証を目指し、社会人や女性の学び直しやキャリアアップのための新しい観光教育プログラムを導入。4000万人の訪日外国人観光客を迎える2020年に向け、地域や企業で求められる「インバウンドマネージャー」や「インバウンドガイド」を育成していきます。

2017年2月に神戸ハーバーホールで「観光立国フォーラムin KOBE 2017」を開催。
本学の教員がインバウンド人材育成に関する発表、ディスカッションなどを行いました。

入試日程

  エントリー期間 事前面談
(1日を選択)
出願期間 選考日
(書類審査のみ)
合格発表
(投函日)
Ⅰ期 7/24(月)〜9/13(水)
*必着
8/5(土)・12(土)・13(日)
9/10(日)・16(土)
9/11(月)〜9/22(金)
*書類必着
9/30(土) 10/5(木)
Ⅱ期 10/16(月)〜11/22(水)
*必着
10/28(土)
11/18(土)・25(土)
11/20(月)~12/1(金)
*書類必着
12/10(日) 12/14(木)
Ⅲ期 2018年 1/15(月)〜2/14(水)
*必着
1/20(土)
2/10(土)・17(土)
2/13(火)~2/21(水)
*書類必着
2/27(火) 3/2(金)

出願資格

<シニア50プラス入試>

2018年4月1日現在において満50歳以上の者。

<社会人入試>

2018年4月1日現在において満30歳以上の者。

<共通の出願資格>

上記の条件を満たし、なおかつ以下①~⑤のいずれかの条件に該当する者。

  • 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者および2018年3月卒業見込みの者。
  • 文部科学大臣が指定した専修学校高等課程(修業年限3年以上)を修了した者および2018年3月修了見込みの者。
  • 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者および2018年3月修了見込みの者。
  • 高等学校卒業程度認定試験規則により文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者および2018年3月までに合格見込みの者
    (旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む)。
  • 本学において高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。

エントリーシートの提出から事前面談

エントリー期間にエントリーシートを郵送または持参にてご提出ください(面談希望日の3日前必着)。日時等詳細はエントリーシート受付後に郵送にてご連絡します。エントリーシートの用紙はこちらからダウンロードして印刷していただくか、入学センターにご請求ください。
面談終了後、出願に必要な「出願資格認定証」をお渡しします。

出願

インターネットから出願手続き後、下記の必要書類を郵送もしくは持参でご提出ください。

  • 高等学校の卒業証明書または高認合格(見込)証明書または大検合格証明書
  • 出願資格認定証
  • Web入学志願票
    (インターネットから出願登録終了後、ダウンロードして印刷)
  • 写真(縦4cm、横3cm)1枚
    • *Web入学志願票に貼付

検定料 31,000円

合格から入学手続きまで

合格者には合格通知を郵送します。
合格通知を受け取ったら、所定の金額を下記納入期日までに納入してください。

Ⅰ期 一次納入期日 12/8(金) 入学金 200,000円
二次納入期日 3/9(金) 授業料等 343,000円
Ⅱ期 一次納入期日 1/11(木) 入学金 200,000円
二次納入期日 3/9(金) 授業料等 343,000円
Ⅲ期 一括納入期日 3/9(金) 入学金 200,000円
授業料等 343,000円
  • 授業料等は奨学金分を減免後の金額です。
  • 「後期学費」は2018年9月末日までに納入いただきます。納入額、納入方法等につきましては、2018年9月1日付でご案内します。
  • 観光文化学科は、別途ルーキージャム(新入生研修)参加費用として25,000円が必要です。

シニア50プラス入試Q&A

  • Q
    年齢に上限がありますか?
    A

    ありません。「学びたい」という意欲があれば、どなたでもエントリーが可能です。

  • Q
    いつの時点で50歳以上だと受験できますか?
    A

    2018年4月1日の時点で50歳以上であることが条件です。その条件にあてはまるなら、エントリー、出願の時点で49歳であってもかまいません。条件を満たさない年齢の方は「社会人入試」を受験してください。同様に、年額40万円の奨学金を4年間受給できます。

  • Q
    授業は毎日ありますか?
    A

    一般の学生と同じ、平日(土曜日を除く)のⅠ~Ⅴ時限(9:15~18:15)に授業があります。
    卒業するには必要な単位を取得する必要があり、とくに1~2年次はほぼ毎日通学する必要があると考えておいてください。

  • Q
    英語やパソコンの授業が不安です…。
    A

    英語が苦手な学生のための基礎的な授業から始めることができます。また英語の能力が高い人は、ハイレベルの授業を履修したり、英語以外の外国語の学習にウェイトを置くこともできます。パソコンの授業ではアシスタント・ティーチャーが授業をサポートし、初心者でも授業について行けるよう配慮します。

  • Q
    資格取得にチャレンジできますか?
    A

    総合社会学科では、指定科目を履修することにより、「社会調査士」「認定心理士」「ISO14001内部環境監査員」の資格、「二級建築士」「木造建築士」「商業施設士」の受験資格が得られます。また観光文化学科、総合社会学科の授業を通じて、「ファイナンシャル・プランナー」「国内・総合旅行業務取扱管理者」「インテリアコーディネーター」「リビングスタイリスト」「福祉住環境コーディネーター」などの資格や、「HSK」(中国語検定)、「TOEIC」(英語検定)などの語学資格にチャレンジできます。

このページのPDF版を見る