心理学フィールド

「こころ」のメカニズムについて、
実習・調査を通して解きあかす力を養っていきます。

  • 本学では、人間の心理にかかわる一般法則を研究する"基礎心理学"と、基礎心理学で得た法則や知識を実際の問題に役立てることを目的にした"応用心理学"の双方をバランスよく学ぶことができます。
    心理学はともすれば宗教や占いと近い神秘的なイメージを持たれがちですが、調査や観察、実験といった根拠に基づいた学問としての心理学を大学では学んでほしいと考えています。そのような、根拠に基づいた科学的な視点を持つことができれば、情報にあふれた現代社会において、必要な情報、正しい事実を選び取ることができるようになると考えています。

学びのポイント

  1. さまざまな領域の心理学を広く学ぶ。
    「心理」と「心理学」の違いという、心理学の全体像を理解します。心理学には大きく分けて、臨床の分野と実験・調査の分野がありますが、両方の分野を広く学ぶことができます。さまざまな心理学に関する講義を受講するだけではなく、自分でデータを測定する実習科目も履修することで、認定心理士の資格も取得できるカリキュラムとなっています。
  2. 心理学だけでなく、他分野と組み合わせて学ぶ。
    本学の心理学フィールドは、社会学や経済・経営学など、他分野と組み合わせて学ぶことができるのが面白いところです。心理学の基礎を修得するだけでなく、他の分野にどのように応用していけばよいのかを考え、心理学の知見を社会生活でいかに生かしていくかを考えます。
  3. 「自分で考えることに、どんな価値があるか」を考える。
    社会科学・人文科学系の学びの目的は、価値の相対化ができるようになることです。学びが深まるにつれて、「自分で考えることは、どのような価値を持つのか」を改めて考えることができるようになります。抽象的な説明の意味を理解できるようになれば、いろいろな学問への興味が広がっていきます。

PICK UP科目

社会心理学

私たちは多くの人と接し、それが自分の態度、行動を決めているといっても過言ではありません。「人の印象と魅力」「恋愛を科学する」「うわさの魔力」などの事例を通し、社会と人についての理解を試みます。

心理学実験実習

心理学の基礎的な実験実習として、認知、社会、発達、臨床の領域を中心に、観察・調査・心理検査、面接の方法について学んでいきます。ロールプレイや検査者と被検査者の双方を体験することにより、人間が外界とかかわるときの不思議について理解していくことを目指します。

カウンセリング

カウンセリングの基本的な知識や技術を学び、他者との相互作用の姿勢について学びます。講義と演習で基礎的・具体的な技法を修得するとともに、対人援助の視点について学びます。人と人との関係性で最も大切なコミュニケーションについて、ロールプレイングや演習を通して楽しく理解していきます。

人格心理学

人格(パーソナリティ)という概念に関する基本的な知識の修得と、人格の諸理論をもとにした、心理学の理論や技法について学んでいきます。また、パーソナリティの形成や社会・文化との関わり、そして病理についても理解していきます。昔話やアニメ、映画等も題材にしながら、自己の体験をとらえ直す機会になることを目指しています。

学生のコメント

人の行動や心のあり方を分析し、答えを導く楽しさを感じています。

ゼミでの学びは?

心理学の基礎的な講義や実験、学外に出ての実験や観察・調査などを行うため、毎回新しい発見をすることができて面白いです。また少人数制であるため、学生の意見を反映して授業を進めてくれるので毎回刺激のある授業を楽しんでいます。

山手オススメポイント

心理学の授業に関連した他分野の専門科目を組み合わせて学ぶことができます。社会学分野の「社会調査」の授業では、心理学でも求められる分析の手法を学ぶことができ、人の行動パターンや心のあり方について分析する際に活用しています。

取得を目指す資格
  • ・認定心理士
進路イメージ
  • ・企業の人事管理
  • ・企業のマーケティング担当者
  • ・企業での精神衛生に関する労務管理
  • ・心理学系の大学院進学