建築・インテリアフィールド

文科系の幅広い分野との関連の中で、
これからの建築・インテリアについて学びます。

  • 現代社会における生活のための最も基礎である住宅を中心に、建築・インテリアについて学びます。建築は一般的に理科系というイメージが強いかもしれません。しかし、建築というのは本来、文科系から理科系まで幅広い知識を必要とするのです。
    建築の安全性を考える「構造」や室内環境を考える「設備」という分野は様々な計算が必要な理科(工学)系ですが、建築の使いやすさや居心地の良さ、外観デザインやインテリアを考える「意匠」という分野は、建築の歴史や人間の心理、社会や経済の動き、環境への配慮など、文科系の幅広い分野と関連しています。本学ではこの「意匠」という分野を中心に、他フィールドとの関連の中で建築・インテリアを学んでいきます。従来の理科系の建築学科にはない、幅広い視野を持って学ぶことができます。

学びのポイント

  1. 一級建築士として活躍中の教員から実践的に学ぶ。
    教室での講義、足で歩いて実物を見て学ぶ学外体験型授業、手を動かして学ぶ設計製図演習。それらを組み合わせ関連付けて建築・インテリアの設計・デザインスキルを身につけます。特に、一級建築士として活躍中の教員から、教員自身が設計した建築・インテリアを教材とした実践的な内容を学べるところが魅力です。
  2. 神戸は建築・インテリアを学ぶのにとてもいいまち。
    神戸には、開港以来の様々な交流の中で生まれた多彩な建築文化があります。また、おしゃれなインテリアのカフェやショップがたくさんあります。本学は、それらに歩いて行けるという立地の良さを生かして授業に学外体験型授業を積極的に取り入れており、実際の建築・インテリアに触れながら実感を持って学ぶことができます。
  3. アイデアを形にする能力やプレゼンテーション能力アップ。
    設計製図演習などの課題を通して人間の生活を見る視点、より快適で豊かな生活をイメージする力、アイデアを形にする能力やプレゼンテーション能力がアップします。また、課題解決の実践的プロセスを体験することで、建築・インテリア業界はもちろん、どんな分野の仕事に就いても役立てることができます。

PICK UP科目

設計製図演習

課題で設定された諸条件に基づき、理想の住まいについて自分の想いやアイデアを提案の形にして、図面や模型で表現し、みんなの前でプレゼンテーションします。理想の形にまとめあげていくのは難しいですが、いくつかの課題を経験することでアイデアを提案にまとめるプロセスを体験することができます。設計・デザインの技術を身につけるだけではなく、社会に出てから必要になる提案力やプレゼンテーション能力のトレーニングにもなります。

住居学

住まいを人間の生活および周辺環境との関連でとらえ、住環境を計画するために必要な基礎的知識を学びます。また、建築士、インテリアコーディネーター試験のうち住宅分野の基礎知識を修得します。

インテリア計画論

インテリアコーディネートに必要なインテリア装備、インテリア装飾の知識を学びます。美しさだけでなく、機能性に配慮し、バランスの取れたインテリア計画を行うための知識を学びます。

学生のコメント

理想の住宅を模型に表す。難しいけど達成した時の充実感が最高です。

ゼミでの学びは?

建築分野に興味があり、高校時代に学んできた環境の分野と併せて学べるということが進路決定の決め手になりました。教員との距離が近く、製図などで難しい部分があっても教員から一つひとつ丁寧に指導を受けることができます。

山手オススメポイント

設計製図やCADなどの実習授業で実技力を身につけ、本学からほど近いところにある神戸を代表する建築物見学などを行い、実際に住居を設計する時に必要となるセンスを磨いています。将来は設計の仕事を希望しており、今は、建築士の資格取得に向けて猛勉強しています。

取得を目指す資格
  • ・二級建築士受験資格
  • ・インテリアコーディネーター
  • ・インテリアプランナー
  • ・リビングスタイリスト
  • ・商業施設士(補)
  • ・福祉住環境コーディネーター
進路イメージ
  • ・建築関連事業
  • ・インテリア関連事業
  • ・住宅関連事業/自治体
  • ・宅地建物・不動産取引