観光学科教員紹介

櫻井 一成教授観光学科

専門分野

医学(腫瘍病理学、旅行医学、「心と体の健康科学」)

 学生生活で最も大切なことは何でしょうか? 学生に対する様々な調査結果では、幅広い知識や教養を身につけること、コミュニケーション能力を伸ばすことが常に上位に位置しています。しかし、心と体のバランスを失えば、健康的な学生生活や社会的活動を維持することが困難となります。従って、冒頭の問いに対する答えは、「心とからだ」のバランス維持による体調管理の徹底、ということになります。すなわち自己管理をしっかり整え、リズミカルな生活を送ることが基盤となります。これが満たされることにより、アクティブで意欲的な取り組みが可能となるでしょう。「健康科学」科目では、「心とからだ」が健康であることの大切さを認識させ、活力溢れる学生生活を送るために必要な、健康維持や免疫力向上などの学びを通じ、体のしくみと働きについて学んでいきます。また「基礎演習」科目では、大学での学びへの円滑な導入を図り、グループ学習を通じて個々の成長をバックアップできればと考えております。

研究課題 ①腫瘍病理学(頭頸部癌の発生と浸潤転移における免疫組織学的/分子病理学的研究)、②免疫学・ヘルスツーリズム研究 1)自然環境・森林環境下におけるストレス応答と免疫力の消長、2)メンタルヘルスツーリズム研究(ストレス軽減と免疫能向上に伴う心と体の健康回復)
略歴 城西歯科大学卒業(歯科医師免許)、同助手、兵庫医科大学助手、講師(医局長)、医学博士(兵庫医科大学)、死体解剖資格認定(厚生労働省)、神戸夙川学院大学教授、和歌山県立医科大学、流通科学大学、兵庫県立衛生学院、神戸病院協会看護専門学校、西宮医師会看護専門学校等各非常勤講師、大阪厚生年金病院、関西労災病院、済生会兵庫病院、大阪回生病院、兵庫県予防協会等各非常勤医師
所属学会 日本病理学会(評議員、専門医資格、同指導医資格)、日本癌学会、日本臨床口腔病理学会、日本口腔科学会、日本頭頸部癌学会、アジア口腔顎顔面外科学会、日本渡航医学学会他
主な著書・論文 1) Increased expression of c-erbB-3 protein and proliferating cell nuclear antigen during development of verrucous carcinoma of the oral mucosa. Cancer (2000)
2) Increased expression of cyclooxygenase-2 in human salivary gland tumors. Pathology international (2001)
3) Increased expression of cyclooxygenase (COX)-2 in DMBA-induced hamster cheek pouch carcinogenesis and chemopreventive effect of a selective COX-2 inhibitor. Journal of Oral Pathology and Medicine (2004)
4) Prognostic significance of cyclooxygenase-2 and DNA topoisomerase IIα expression in oral carcinoma. International Science (2006)
5) Expression of cyclooxygenase-2 and DNA topoisomerase IIα in precancerous and cancerous lesion of oral mucosa. Oral Oncology (2007)
6) Establishment of nude mouse transplantatable model of a human malignant histiocytoma of the mandible with high metastatic potential to the lung. Jounal of cancer Research and Clinical Oncology (2008)
7) 森林セラピーにおける気分と活動の質との関係について.日本行動療法学会雑誌(2009)
8) 森のもつ「癒やし」効果の実証研究-兵庫県宍粟市森林地域における青年層に対する免疫活性効果およびストレス抑制効果の検討―. 神戸夙川学院大学紀要 (2010)
9) 青年層における運動負荷時の生理学的変化 ―運動量変化に伴う血圧および心拍数の変動について―.神戸夙川学院大学紀要 (2015) 
10)心と体のウオーキング ―青年層における心と体のアンケート調査より―.神戸山手大学紀要(2016)