観光学科教員紹介

疋田 浩一准教授観光学科

専門分野

エネルギー環境工学、産業連関分析

問題:あたなは授業1回にいくら支払っていますか。
解答:年間25科目受講するとします。
 授業料100万円÷25科目=4万円/科目
授業回数15回なので
 4万円/科目÷15回=2,700円/回
90分授業1回に対して、映画のほぼ倍の3千円近くも支払っています。
授業をバイトを理由にサボる人がよくいますが、時給1,000円のバイト90分で1,500円しか稼げません。これと引き換えに授業をさぼると、授業の料金の半分は取り返せずただ捨てていることになります。お金と機会を無駄にしないよう、とにかくまずは授業に出席しましょう。
我々教員は、映画の少なくとも倍以上役に立つ授業を提供します。物足りなかったら、直接質問して文句を言ってください。我々ももっと頑張ります。

研究課題 地方自治体の産業連関分析、インドのエネルギー分析用産業連関表の作成
略歴 東京大学工学部資源開発工学科卒業
東京大学大学院博士課程工学系研究科修了、博士(工学)
慶應義塾大学産業研究所日本学術振興会 未来開拓プロジェクト特別研究助手
神戸夙川学院大学観光文化学部准教授
所属学会 環太平洋産業連関分析学会(PAPAIOS)、The International Input-Output Association (IIOA)
主な著書・論文 Making Input-Output Tables for Environmental Analysis for India: 1993/94 and 1998/99, 16th IIOA Conference in Istanbul, Turkey, 2-6 July 2007

東日本大震災被災企業の現状 水産加工業を中心としたヒアリングレポート, 神戸夙川学院大学観光文化学部紀要 第4号, 平成25年3月

Visualiszing Economic Vulnerability to Disaster: The Case of 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami in Japan, 21th IIOA Conference in Kitakyushu, Japan, 平成25年7月