授業・ゼミ

観光文化学科 ゼミ

ゼミ・教育活動

3年ゼミでは、数名のチームで「コンテンツツーリズム」(物語観光)を軸に、広く観光と文化に関わる主題について、主体的に調査研究を進めます。2015年度は、「神戸北野のインバウンド観光調査」、「観光資源としての神戸ファッション調査」、「伏見稲荷大社におけるインバウンド観光とアニメ聖地巡礼との比較調査」、「映画/ドラマ『神戸在住』のロケ地マップ作成」の4チームで調査を展開し、調査結果を大学祭や、日本観光研究学会全国大会学生ポスター発表、観光力NPO学生研究発表会など、大学外に向けて報告しました。4年ゼミはそれまでに身に着けた調査手法や姿勢を活かし、自分が最も関心のあるテーマについて、24000字の卒業論文を執筆します。

このゼミ・教育活動のポイント

大学時代には、主体的な調査・実践能力を養うと同時に、他者と力を合わせ何かを創り出す作業の訓練を行うことが重要です。私のゼミでは、3年次には数名のチームを組んで貰い、協働で調査研究し、学外で発表して貰うという取り組みを続けています。これにより主体性や探究力、現実社会との交渉力、チームワーク力が身に着くと考えているからです。4年次では3年次のこの経験を活かし、自分にとって最も切実なテーマを「観光」と関連させる形で、卒業論文へと結実させて貰います。24000字という長い文章を自分の力だけで書く機会は、大学においてしか与えられません。この機会を、自分に対する「自信」を持つ経験へと繋げて貰えればと考えています。加えて、私が理事を務めるNPO法人・観光力推進ネットワーク・関西では、「学生連絡協議会」を組織し、観光系の他大学の学生と共に、文化体験や社会的実践を活発に行っています(昨年は高野山宿坊宿泊体験、六甲山植樹・育樹活動等を実施しました)。観光現象や観光産業は、今後の人類社会全般、日本社会の在り方にとって、極めて大切な要素となってきます。関心のある高校生の方は是非、観光学の門を叩くことを検討して下さい。

授業・ゼミ一覧に戻る