授業・ゼミ

観光文化学科 小磯 ゼミ

ゼミ・教育活動

課題研究:「インターナショナルKOBE」と題して、エキゾチックな神戸を形作ってきた、この街の外国文化や宗教施設を取材しています。 西アジア地域研究:今日の世界の宗教人口のおよそ55%を占めるキリスト教とイスラーム教は西アジアの地でユダヤ教から生まれました。世界の要ともいえるこの土地について学びます。 スピリチュアル・ツーリズム:心の平安を求める旅が、世界で注目を集めています。これまでの宗教の枠を超えた、ひとりひとりの心のツーリズムについて考えてみましょう。

このゼミ・教育活動のポイント

さまざまな宗教や異文化理解をテーマの中心に据えて、それぞれの授業を進めています。とくに課題研究の授業では、その事例研究として大学からほど近い神戸市北野地区にあるさまざまな宗教施設とそこに息づく外国文化の取材を学生とともに行っています。キリスト教はもちろんですが、ユダヤ教、イスラーム教、ジャイナ教(インド)の教会や寺院が点在し、日本にいることをふと忘れてしまいそうになるほどです。まさに世界の縮図です。それは、神戸が国際都市であることの証にほかなりません。  1868年の開港以来、神戸には世界各地からさまざまな文化的宗教的背景をもった人々が貿易のために訪れ、代々に渡ってこの街に生活の拠点を置き、信仰する宗教の祈りの場を築いてきました。彼らの存在が、神戸の発展の一翼を担ってきたのです。異なる宗教の人々が平和に共存してきたこともまた、大きな特徴のひとつといえます。  観光の対象として神戸を受けとめる際には、このような歴史的背景や現状をより深く知る必要があります。そのためにも、この街のこうした魅力を深く掘り下げることを、大きな目的として位置づけています。

授業・ゼミ一覧に戻る