教員紹介

田中 栄治教授 総合社会学科

専門分野

建築計画、建築・インテリア設計実務

ユネスコ創造都市ネットワークのデザイン都市に認定されている神戸は建築・インテリアを学ぶのにとても良いまちです。本学は神戸のまちの真ん中にあり、建築・インテリアの授業にはその立地を活かしたフィールドワークを多く取り入れています。また、建築・インテリアフィールドの教員は一級建築士として建築・インテリアの設計・デザインの実務を行っており、その経験を活かしてより実践的な内容の授業を行っています。ものづくりの好きな人には、自分が良いと思う住まいやインテリアを図面や模型をつくって提案する授業もあります。多様な建築・インテリア文化を持つおしゃれなデザイン都市・神戸で楽しく建築・インテリアを学びましょう。

研究課題大正期から昭和初期および戦後の住宅における建築と庭園の結びつきについて研究するとともに、実践として一級建築士・インテリアプランナー資格をもって住宅やインテリアの設計を行なっています。
略歴1967    大阪市生まれ
1991    神戸大学大学院工学研究科修了
1991〜99 坂倉建築研究所大阪事務所
2000〜08 田中栄治建築設計事務所
2004~   神戸山手大学
2008〜   一級建築士事務所田中+青山
一級建築士
インテリアプランナー
1級造園施工管理技士
所属学会日本建築学会
日本建築設計学会
主な著書・論文「住宅における建築と庭園 –庭園研究者・造園家 森蘊と建築家 堀口捨己・西澤文隆」『神戸山手大学紀要』第17号 2015
「名作住宅の庭 造園と建築が庭に熱かった時代」『庭』No.219 2015年夏号 建築資料研究社
「昭和初期の住宅における建築と庭園 –西川友孝『造庭建築』を中心に–」『神戸山手大学紀要』第16号 2014
「大正後期の住宅における庭園の役割 –大屋靈城『庭本位の小住宅』より–」『神戸山手大学紀要』第15号 2013
「大正後期から昭和初期の関西の住宅における庭園の役割 –阪神間のモダニズム住宅 その5-」『神戸山手大学紀要』第14号 2012
「神戸西エリアの異人館 旧グッゲンハイム邸について」『住宅建築』 2009年1月号 建築資料研究社
その他、住宅や店舗の設計・デザイン実績多数。

教員紹介一覧に戻る