授業・ゼミ

総合社会学科 矢野 ゼミ

ゼミ・教育活動

身近すぎて対象化しにくい人間関係や日常から何を切り取るかといったテーマと対象を絞って、切り口をみつける。それらをさらに深めていく。リサーチクエスチョンと仮説を立て調査していく。調査の方法は質的量的をとわない。また、官公庁や新聞、既成の調査や論文を整理積み上げていく方法もある。3年次にはグループで。後期から4年次には各自で取り組む。不思議、面白い事象を見つけてほしい。それらにかかわるニュースや書物にも興味をもっていきたい。

このゼミ・教育活動のポイント

ゼミの主人公は学生の皆さんである。積極的で風通しの良いディスカッションへの参加を望む。流暢でなくともいいので自分のことばで話そう。ゼミの運営の半ばはゼミ生に委ねられている。本やマスコミからの知識や他者の学説から容易に結論を導くのではなく、世間に漂う風潮をいったんカッコに入れて問い直すことを心掛けたい。そのうえで、問題や仮説を具体的事実の把握と積み上げにより実証していきたい。また、就活や卒論のペースメーカーとしてほっと一息できる場として利用してほしい。ゼミ懇やお茶会などの楽しみも時々(こちらの方が主体のような気もします)。

授業・ゼミ一覧に戻る