授業・ゼミ

総合社会学科 井上 ゼミ

ゼミ・教育活動

今年の3年ゼミは、各自が自分が就職したい企業のCSRレポートを持ち寄り、輪読しました。 また、留学生が多かったのでテレビの経済番組等の視聴を通してグローバル企業や日本企業の実態を知り、 ディスカッションを行い、留学生には特に日本語によるプレゼンの練習を行いました。 さらに、大学の電気使用量やコピー枚数の月別グラフを学内に貼り出し、環境問題の「見える化」を行いました。 昼休みには学内を巡視し、トイレや教室の照明・エアコンの電源オフの実践を行いました。 毎月第2木曜日には社会社会貢献として大学周辺の清掃を実施しました。

このゼミ・教育活動のポイント

井上ゼミでは、学生の自主性を重んじます。従って、学生は自分で課題を見つけて自由な卒論を書いています。最近の学生の卒論の論題を列挙してみます。 ○エコ技術の進歩と暮らし ○日本におけるCSRへの取組み方の変遷 ○恐竜の研究 ○鶏糞の悪臭対策の業務改善活動を通じてのCSR横展開活動 ○公害問題の歴史 ○江戸時代のリサイクル ○アフリカを旅して感じた事 ○屋久島の自然 ○絶滅危惧動物を救う道 ○道の駅に関する一考察 ○ISO14001とエコアクション21に関する考察 ○ごみの島豊島を写真短歌でうたう このように、各自が自分の興味に合わせて論文を仕上げています。

授業・ゼミ一覧に戻る