経済・経営学

激動する現代の資本主義経済について、経済学・経営学・法学の視点からアプローチ。
資本主義経済がどのような仕組みで動き、どのように変化しているかを学び、生活や社会で活用できる実践的な力を養います。
また厳しい時代や社会を乗り切るための基礎力としても役立ちます。

学びのポイント

講義だけでなく、フィールドワークを通して、実用できる知識をつける。

経済の仕組みを学ぶだけでなく、世界経済の動きから日常生活まで、幅広い観点から経済・経営を学修。地元企業と提携して事業改善を考えたり、地域活性化プランを提案して実行するなど、実践的な学びの場を提供しています。

  1. 地球規模の経済活動や企業経営への理解を深める。
    貿易、投資、資源開発、国際協力など、経済のメカニズムを体系的に学び、多角的に企業についての知識を学修。法律から社会構造を考えます。
  2. 自分自身の人生を熟考する「ファイナンシャル・プランニング」。
    ライフプランニングと資金計画、年金、相続、保険など、生活に密着した授業は一生使える財産。資格取得もめざすことができます。
  3. 景気を知り企業を見る目を養う。
    経済などの背景が見えると、その後の動向が自分なりに予測できます。また就職活動や就職後の競争優位にもつながります。
取得を目指す資格
  • ・ファイナンシャル・プランナー
  • ・ISO14001内部環境監査員
  • ・公務員試験
  • ・ビジネス会計検定
  • ・簿記検定
進路イメージ
  • ・金融業界
  • ・大学院進学
  • ・一般企業
  • ・公務員

PICK UP科目

ファイナンシャルプランニング

FP技能検定合格を目指し、投資や不動産、税金など生活に密着したお金の知識を身につけます。

生活と法

ご近所トラブルなど身近な事例を通して、民法の正しい知識を身につけていきます。

国際経済論

メディアに取り上げられている世界経済の動向を理解し、分析できる力を養います。

金融論

金融制度の全体像を理解し、地域社会活性化の手段としての中小企業金融の仕組みを習得します。

課題研究

中小企業を入り口に経済の構造や企業経営を学ぶ。

社会の構造変化の中で現代企業が直面する様々な問題について、客観的に検討することを目的とします。文献研究による理論的な学び、企業訪問などの実践的な学び、2つの方向から課題にアプローチ。特に日本の企業数の大多数を占める中小企業について理解を深めることで、日本経済の現状・問題点を把握し、構造や企業経営について学びます。また、普段から新聞を読む習慣を身につけ、現代社会の抱える問題について解釈していくことにより、就職活動にも役立つ知識を修得します。

STUDENT’S MESSAGE

経済学の基礎から応用まで学び、コミュニケーション能力も身につきました。

「市場調査論」の授業では、市場の仕組みから調査方法まで経済学の基礎を学修。社会調査士の資格に必要な知識まで学べたとことで、大学院の受験の際にも大変役立ちました。ゼミでは先生やゼミ生がお互いに意見交換する機会が多く、フィールドワークを通して互いに絆を深めるなど学修以外の面でも充実。進学先の大学院でも、グループワークを中心に知識を発展させていきたいと思います。

将来の夢

企業経営に携わり、「神戸」を拠点に地元の経済発展に貢献したい。