留学経験者インタビュー

2015年度アメリカ留学に参加した学生にインタビュー形式で質問に答えてもらいました!


Q1:留学へ行こうと決めたきっかけは何ですか?

A:将来、英語を使った仕事(特にホテル関係)に就きたかったからです!入学前から、留学すると決めていました。

Q2:出発前には、どんな勉強をしていましたか?

A:国際交流センターでネイティブの先生と会話の練習をしていました。

Q3:留学先(アメリカ)についた時の第一印象は?

A:空港での文字が全て英語でびっくりしました(笑)。いよいよ留学生活が始まるんだと、少し緊張もしました。

Q4:留学中に苦労したことは?

A:英語に慣れて話せるようになるまでは、自分の意見が言えなかったり伝わらなかったので大変でした。

Q5:留学中に心がけていたことは?

A:とにかく英語力を伸ばしたかったので日本語を話さず、All English(英語しか話さない)を心がけていました。

Q6:留学生活で一番、思い出に残っていることは?

A:2つあります。1つは皆、何事に対しても積極的だったなと思いました。授業中に答えが間違っていても、全く恥ずかしがらずに正々堂々と答えたり、はきはきと大きな声で皆の前でスピーチしたりと。日本では見たことのない光景だったので、驚きました。そして色々な国からの留学生がいたので、彼らの国の文化などについて聞いていると、自分の視野が狭かったと思いました。

Q7:留学で得たものは?

A:価値観や考え方の違い、自分がいかに小さいかと気づきました。

Q8:外国人とどうやって仲良くなりましたか?

A:ひたすら話しかけていました!休み時間はもちろん、通学のバスでも(笑)あと、日本語を勉強している外国人も沢山いるので、彼らのところへ行き、お互いの言語を教えあっていました。

Q9:これから留学へ行く学生、考えている学生へ一言お願いします!

A:留学へ行く人へ:自分の目標をしっかりと持って下さい。そして周りの方に感謝の気持ちを忘れないこと。たまに挫折する事もありますが、そのときはあせらずに、留学前に自分が立てた目標を改めて思い出してください!

留学を考えている人へ:留学では色々な国の友達ができたり、語学だけではなく価値観や考え方、文化の違いなども学べます。語学力を伸ばしたい人はもちろん、自分の視野を広げたいと考えている人にもお勧めです!

留学体験Voice


たくさんの人々や文化にふれたことで、語学力でなく、日本という国を再認識しました。

カリフォルニア州立大学(アメリカ)

アメリカでの4ヶ月は毎日が充実。各国から来た留学生の友達がたくさんでき、多くの文化や言語を学ぶことができました。一方で日本の文化を教える難しさを知り、日本についても再認識するきっかけとなりました。ツアーコーディネーターになるという夢をかなえるための大きな経験となりました。


世界各国の友達ができて異文化理解が深まりました語学力と積極性を修得し、帰国後も勉強や日常生活に活かせています。

留学先:上海外国語大学(中国)

空港スタッフとなる目標に向けて英語、中国語、韓国語を修得しようと留学しました。最初は不安も多くありましたが、英語を共通言語に、留学生同士で助け合いながら着実に学ぶことができました。積極性も身に付き、帰国後も外国人から話しかけられても動じずに答えられるようになりました。