観光文化学科のフィールドワーク

グローバルコミュニケーション

外国人観光客のニーズをモニターツアーでつかむ!

インバウンドモニターツアー

多くの学生と産官学コラボ企画のインバウンドモニターツアー※に参加し、外国人の目に映る日本の意外な魅力をたくさん発見できました。
これからも、インバウンド観光の視点から日本の魅力をどんどん発掘。日本の観光産業を引っ張っていく人材を育成します。

インバウンドモニターツアー

神戸市やみなとまちエリアの観光事業者などで構成された「YOKOSOみなとまち神戸コンソーシアム」、在住外国人や外国人旅行者と日本人のコミュニティサイト「WhyNot?JAPAN」とコラボして、在日外国人や留学生と神戸の観光地を巡り、外国人の観光のニーズを調査。インバウンド観光の実現を目的としたモニターツアーです。

観光文化

北野地区は「世界の窓」!

神戸の外国文化

120ヵ国・4万人を越える外国人が暮らす国際都市神戸。多くは何代にもわたり北野地区に居を構え、祈りの場である各種宗教施設を建ててきました。多くの礼拝所が平和に共生しているのは世界的にも珍しく、ゼミでは信徒の方々にお話を伺い、街を支える外国文化の理解を深めます。

キリスト教やユダヤ教、イスラム教などの教えや文化、考え方を通じて、国際都市の在り方を学びました。

観光・ビジネス

日本最大のチャリティロックフェスで、阪神淡路大震災を風化させない!

キャリアガイダンス

「COMIN’KOBE」は、神戸ポートアイランドで毎年春に開催される入場無料の神戸最大級のイベントです。
このイベントの運営や販売ボランティアを担当する熱い授業で、観光文化学科の4年間はスタートします。
先輩とチームを組み、4万人の観衆と130組を越えるアーティストと最後に味わう達成感こそが、神戸、観光の醍醐味です。

私たち、学生ボランティアスタッフが会場設営から来場者誘導、グッズ販売、募金活動まで取り組みます。