学部共通プログラム外国語教育

神戸山手の外国語 英語・中国語はもちろん、7つの外国語が学べる。

神戸山手大学では、7か国語の言語を授業で学ぶことができます。世界で話され、また日本を訪れる外国人によって使われることが多い7言語を学べることは、神戸山手大学の大きな特色のひとつです。授業以外でも、各国からの留学生と外国語でコミュニケーションできるほか、ネイティブスピーカーの教員が常駐している国際交流センターもあり、日常的に外国語の能力を向上させられる環境が整っています。

神戸山手で学べる外国語

  • 英語
  • 中国語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • ハングル
  • スペイン語
  • フランス語

英語・中国語を本格的にマスター。

観光学科では1年次に全員が国際共通語となる英語の基礎と、アジアの隣人である中国の言語や文化を、2年次以降は希望者が語学力に応じたクラスで観光、ビジネス、文化などを題材として実際的な英語・中国語を身につけていきます。また、留学生は1年次に集中して日本語を学び、2年次以降は同様に英語・中国語を身につけることができます。

多言語・多文化を学んで国際教養人に。

ドイツ語、イタリア語などの第二外国語科目は、基礎から簡単な読み書きや会話ができるレベルまでの習得を目標とし、言語といっしょに各国・地域の文化についても学べるカリキュラムです。気軽に多言語を学び、国際的な教養を幅広く身につけてください。

CASE STUDY

国際交流センターでいつでも先生と英語でコミュニケーションできます。

矢澤さん

僕は英語が好きだけど、あまり得意ではありません。最初は「日本語禁止」の授業でディスカッションするのにとまどいました。

マーティン先生

育った環境が違う人と英語で話すことに慣れることが大切です。みんなの発言を引き出すよう、授業で工夫しているんですよ。

矢澤さん

先生はフレンドリーで面白い。すっかり仲良くなりました。国際交流センターで、休み時間にも英会話を教わっています。

マーティン先生

矢澤さんはとてもまじめですね。TOEIC®テストの試験にもチャレンジして、いつか私の故郷、カナダにぜひ留学してください。

中国語だけでなく、中国社会の「いま」を知ることができる劉先生の授業が大好きです。

井上さん

劉先生の授業では、中国の若い人の間で流行っているアプリの話などをしてくれて楽しいです。中国の最新情報が得られるので…。

劉先生

共享单车(シェアサイクル)が増えてきたことや、料理のデリバリーサービスアプリがあることなど、できるだけホットな情報を伝えています。

井上さん

「語学を学ぶことは文化を学ぶこと」とおっしゃっていますね。

劉先生

はい。ぜひ現地に出かけて生の言葉と文化を学んでほしいです。

井上さん

そうですね。劉先生の授業で感じている「現地の空気」に、留学や研修でじかに触れてみたいと思っています。