公欠

公認欠席

以下の場合は授業を欠席しても欠席扱いにはなりません。公欠届に記入の上、事態を証明するものを添付し、学生課で公欠印を受け、次の授業時に各担当教員に提出してください。

1. 忌引き 親族に不幸があったとき、決められた日数が公欠になります。
2. 病気 インフルエンザ、おたふくかぜ、風疹、水痘、流行性結膜炎、百日咳、麻疹、咽頭結膜熱、結核等の学校感染症は公欠になります。
(診断書の提出要)
3. クラブ関係 事前にクラブ活動許可願が出ており、学校が認めた対外試合への参加出場、合同主催、賛助出演等は、公欠を認めます。
なお、その回数は前期・後期とも同一科目につき2回以内とします。
4. 大学が認めた学外活動 小中高から学長に対し、講師派遣の依頼のあったプログラム等に参加する場合、原則として同一科目半期1回、の公欠を認めます。
5. 裁判員に選任 裁判員制度により、裁判員に選任された場合、その期間の公欠を認めます。

注意事項

就職試験(筆記・面接)で授業を欠席しても公欠扱いにはなりません。ただし、自己都合での欠席と区別するために「就職に関する欠席届」を用意しています。就職試験を受ける前に学生課で用紙を受け取り、企業で証明印をもらって来てください。
確認印を押しますので、後日それを各授業の担当教員に提出してください。

お問い合わせ

住所 〒650-0006 神戸市中央区諏訪山町3-1
神戸山手大学・神戸山手短期大学 教務課
TEL / FAX TEL : 078-351-7171(直通)
FAX : 078-351-7173
MAIL kyogaku@kobe-yamate.ac.jp