News & Topics

 図書館カレンダー 

2019年4月  翌月
2019年4月
  1
9:00〜16:30 (AVルームは16:15まで)
2
9:00〜16:30 (AVルームは16:15まで)
3
休館日
4
9:00〜16:30 (AVルームは16:15まで)
5
9:00〜16:30 (AVルームは16:15まで)
6
休館日
7
休館日
8
9:00〜16:30 (AVルームは16:15まで)
9
9:00〜16:30 (AVルームは16:15まで)
10
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
11
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
12
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
13
休館日
14
休館日
15
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
16
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
17
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
18
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
19
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
20
休館日
21
休館日
22
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
23
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
24
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
25
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
26
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
27
休館日
28
休館日
29
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
30
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
       

 

2019年5月

2019年5月
      1
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
2
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
3
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
4
休館日
5
休館日
6
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
7
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
8
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
9
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
10
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
11
休館日
12
休館日
13
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
14
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
15
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
16
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
17
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
18
休館日
19
休館日
20
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
21
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
22
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
23
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
24
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
25
休館日
26
休館日
27
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
28
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
29
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
30
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
31
8:50〜18:00 (AVルームは17:00まで)
 
  •    8:50〜18:00
  •    9:00〜16:30
  •    休館日

本学学術動向(紀要)

タイトルをクリックすると、PDFがご覧いただけます。

神戸山手大学紀要 第15号

平成25年12月20日 発行

目次一覧

建築における空間設計と時間設計 高津章雄
英国農業革命期の文化遺産としてのモデル農場の展示と教育的ツーリズム
−東イングランドのウィンポール・ホールとナショナル・トラストの展示・管理をめぐって−
橘セツ
大正後期の住宅における庭園の役割
−大屋靈城『庭本位の小住宅』より−
田中栄治
初期言語発達における個人差 −2つの系譜− 矢野のり子
生涯学習におけるシニア大学生の学びのニーズ
−神戸山手大学のシニア学生を対象にした調査結果から−
飯嶋香織
行木敬
産官学連携が日本を救う
−ビニロンから人工光合成までの技術研究組合の系譜−
井上尚之
「『幾何学の起源』序説」再読 加藤恵介
なぜこう訳されているのか(2) −村上春樹を英語で読む(2−2)− 塩M久雄
産業廃棄物処理と住民の権利
―行政に対する支障除去措置の義務付け判決の意義―
松永光雄
定量調査からみる若者の音楽生活
−コミュニケーションツールとしての音楽−
永井純一
H24年度研究業績表  

→学術動向(紀要)TOPへ