NEW!
ワンテーマライブラリー
NEW!
新着DVD

本学学術動向(紀要)

神戸山手大学紀要 第7号

平成17年12月20日 発行

目次一覧

献辞 神戸山手大学学長
加藤征史郎
小森星児教授略歴および業績一覧  
和辻哲郎のハイデガー解釈 加藤恵介
捕鯨の近代 —両対戦間期の南氷洋捕鯨について— 塩崎俊彦
平成16年度研究業績表  
石敢當の高さとその地域比較 吉岡英二
雑誌「新建築」にみる戦後の阪神間の住宅 —阪神間のモダニズム住宅 その1— 田中栄治
住宅における生活空間の構成 —住宅設計を通して考えたこと その2— 田中栄治
BASF型「エコ効率分析」 —計算方法の解説— Karl-Heinz Feuerherd
カタカナ語(外来語)基本語彙550語からの最重要語の選定とその妥当性 井上道雄


神戸山手大学紀要 第6号(神戸山手学園創立八十周年記念号)

平成16年12月20日 発行

目次一覧

発行によせて 加藤征史郎
脳死と自己決定 加藤恵介
虚子能楽関係年譜(稿) 三村昌義
平成十五年度研究業績表  
宇治川でのゲンジボタルの出現 吉岡英二
建築における内と外のつながりについて —住宅設計を通して考えたこと— 田中栄治
20世紀の神戸の建築 武田則明
ヒトの食性・人間の食生活と健康 島田彰夫
神戸の女子高、短大、大学におけるコーヒーに対する意識調査 信時哲郎
LCAからみたプラスチックのリサイクル 中野加都子
カタカナ語(外来語)基本語彙550語 —その語彙特性と選定基準— 井上道雄
地域経済と名目経済 久富健治
瀬戸内法改正に向けて —瀬戸内法30年の顕証— 後藤安子
環境文化学科における低学年次ゼミ教育の実践 福原栄太郎
Analysis of Dual-Choice Production Systems Karl-Heinz Feuerherd
Limited English Proficiency 有村久男


神戸山手大学紀要 第5号

平成15年12月20日 発行

目次一覧

献辞 加藤征史郎
古代における森林の認識 —風土記を中心として— 福原栄太郎
パーソン論再考 加藤恵介
宮澤賢治「文語詩稿 五十篇」評釈 五 信時哲郎
『人間万事金世中』という違和感 —環境文化論のために— 塩崎俊彦
平成十四年度研究業績表  
市場社会と地域社会 山本賢治
価格の社会的作用 —環境の経済評価の問題点— 久富健治
A NEGATIVE AMERICAN PERSPECTIVE OF BILINGUALISM 有村久男


神戸山手大学紀要 第4号

平成14年12月20日 発行

目次一覧

大学をめぐる二つの講演 「ドイツ大学の自己主張」再読 加藤恵介
宮澤賢治「文語詩稿五十篇」評釈四 信時哲郎
平成十三年度研究業績表  
Improving the Teaching and Learning Situation by Applying Instructional Design Gerry Shannon
日本語の表音文字化について 手書きからワープロへ 井上道雄
企業と環境コミュニケーション 試論 久富健治


神戸山手大学紀要 第3号

平成13年12月20日 発行

目次一覧

九鬼周造における「道徳」 加藤恵介
「自然」概念の多義性(下) 明治文芸史の流れに沿って 小関三平
長屋王家の消費活動 福原栄太郎
平成十二年度研究業績表  
誤差付きデータを基にISO14041に従って算出したLCIの信頼性について Karl-Heinz Feuerherd
Is Your Accent Biologically Determined? 有村久男


神戸山手大学紀要 第2号

平成12年12月20日 発行

目次一覧

「自然」概念の多義性(中) —明治文芸史の流れに沿って— 小関三平
「有島三兄弟」の父 武のこと 内田満
平成十一年度研究業績表  
ディルタイの「最初の論理学講義」について 大野篤一郎
音環境とテクノロジー サウンドスケープ論再考 加藤恵介
点字とカタカナ語文節表記 表音文字化する日本語のなかで 井上道雄
E.F.L.A. Classroom Environment 有村久男


神戸山手大学紀要 第1号

平成11年12月20日 発行

目次一覧

「自然」概念の多義性(上) —明治文芸史の流れに沿って— 小関三平
平成十年度研究業績表  
沖縄・水納島の潮間帯岩礁の動物相 吉岡英二・
山本拓良
「沖縄群島産貝類目録」所載の多板綱ウニヒザラガイ(Acanthopleura)属 吉岡英二
まんが『サザエさん』に見る食の近代化 奥村彪生
地域通貨とコミュニティ —いわゆる「エコマネー」についての覚書— 久富健治
The Pedagogical Environment of S.L.A. in the 1950's 有村久男

→学術動向(紀要)TOPへ