37.「ことばの力」とコミュニケーション
担当者/専門分野 キャリア・コミュニケーション学科 岩本 一善(コミュニケーション論)
授業形態/時間 プレゼンテーション・ソフトを援用した講義 45~90分
設備・機材 プレゼンテーション・ソフトを上映可能な設備
※パソコンは担当者が持参
概要 「センセー、愛ってなんですか?」「父ちゃん、人は何のために生きてるんだい?」
「知らんッ!」
そんな質問に答えられなくても、私たちは現に愛し愛され生きているではないか。
まぁ生きる上で大切なことに限って、毎日それを実践しているにもかかわらず、改めてその定義を問い質されると「うぅ〜ん…」とうなってしまうもんなんである。もっとわかりやすいたとえで言うならばだ、たとえば自転車に乗れる人は、ではいったいどういう理屈で自分が転ばないようにバランスをとって自転車を乗りこなせているのかなんてことを意識することはない。それでまったく差し支えない。差し支えないけど気になる人にとっては気になる。それが何の役に立つのかって? 知らんッ! 役に立たなかったとしてもオモシロければそれでいいのだ。そしてコミュニケーションの理屈を考えること、それはそんな物好きなことを仕事にしている私にとっては実にオモシロい、オモシロ過ぎることなんである(まぁ正直に言うとムズカしくてめまいがすることもあるんだけど…)。
そこでまぁこの実に深遠なテーマをあまり深くない担当教員共々考えてみようではないか、というのが本講座の肝なんである。ひとつよろしくお付き合いのほどを!
関連動画 http://youtu.be/3Qkm4kraaw8

閉じる