18.地球一周の船旅で見た世界とグローバル・コミュニケーション
担当者/専門分野 観光文化学科 小槻 文洋(南アジア地域研究・観光ホスピタリティ教育)
授業形態/時間 講義 45~60分
設備・機材 プロジェクター ※パソコンは担当者が持参
概要 約100日間をかけて地球を一周する船旅で、人は何に気づくのでしょう。神戸山手大学では「地球一周国際教育プログラム」として、NGOピースボートの運営する「地球一周の船旅」に在学生を乗船させ、世界各地の人々との交流のなかで、文化の多様性や世界の抱える問題を学ぶ留学制度を設けています。
この授業では、参加した学生の感想も聞きながら、旅をすることの意義、世界の今について考えてみたいと思います。

閉じる