9.「動物の権利」について
担当者/専門分野 総合社会学科 加藤 恵介(哲学・倫理学)
授業形態/時間 講義 45分
概要 倫理学の中に、「環境倫理学」という分野があります。 これは、今までの人間と自然との関係を問い直していこうとする学問なのですが、その一例として、ここでは「動物の権利」という考え方を紹介します。現代の社会ではいろいろな「権利」を認められているのは人間だけなのですが、これを人間のエゴイズム、他の動物に対する「差別」であるとして、動物にも苦しまない権利や生きる権利を認めるべきだとする考え方です。 これは実現不可能な極端な考え方かもしれませんが、大量生産される食肉を食べる、とか、多くの動物実験を必要とする薬や化粧品を使う、など、私たちが当たり前のこととしている現在の生活様式を、見直すという意義があるように思います。

閉じる