7.願いを心理学する
担当者/専門分野 総合社会学科 村上 幸史(社会心理学)
授業形態/時間 講義 45~60分
設備・機材 プロジェクター、ノートパソコン用電源
概要 お札や合格鉛筆など、日常生活の中には、願いを具体的な形にしたり、他者にも分かる形で表現したりしているモノが多数見られます。このようなモノはどんな意味を持ち、どのような役割を果たしているでしょうか。
この講義は、そのようなモノの中から、お守りや絵馬などの具体例を通して、私たちの社会について心理学的に考えてみようという試みです。

閉じる