「第28回クラシックスクエア」の模様

夏至の6/21(土)の午後、「第28回クラシックスクエア」が開催されました。
会場のNHK神戸放送局1Fのトアステーションには約200名がお越しいただき、ありがとうございました。

期間中は、卒業生の今回は、「イニシャルCとDの作曲家たち」をテーマに、ショパン、シャブリエ、ドビュッシー、ドボルザーク等が登場しました。

神戸山手短期大学 松井名誉教授の解説と、ピアノ演奏に加えてフルート演奏による、「ベルガマスク組曲 第3曲 月の光」等が披露されました。

次回は10/4(土)「イニシャルFとGの作曲家たち」です。さてどんな作曲家が登場するか、ご期待ください。

  • 140621classic-04

ニュース・メディア情報 一覧へ戻る