「ハッサム邸ものがたり 第陸話」の模様 市立相楽園との連携行事

4月26日(土)、神戸市立相楽園ハッサム邸にて、神戸山手短期大学 生活学科 音楽・舞台コースの学生とKobe-Yamate Cast卒業生約20名が、「ハッサム邸ものがたり 第陸話」を行いました。

一般公開されている重要文化財の旧ハッサム邸内の各部屋を舞台に、ドレスやはかま姿の学生たちが「アフタヌーン・ パーティー風景(食堂)」「絵を描く風景(応接室)」「ホーム・コンサート風景(居間)」などの邸内の賑わいを再現し、当時にタイムスリップしたかのような日常風景が繰り広げられました。

ゴールデンウィークの最初の土曜日で好天に恵まれ、相楽園で開催中のつつじ遊山も含め、2000名を超える方々が来場されました。
園内のツツジは五分咲き、行事に花を添えるかのようにハッサム邸前には白いハナミズキが咲き誇っていました。

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

ニュース・メディア情報 一覧へ戻る