地域社会貢献【12/7〜12/16】「KOBEルミナリエ」募金ボランティア活動の開幕初日模様

「神戸ルミナリエ」は、平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂とまちの復興への希望を託して、同年12月から毎年開催しています。第24回 今年のテーマは「共に創ろう、新しい幸せの光を」。本年は作品に使用する電球数は史上最多約51万個で、全てLED電球を使用します。(昨年の使用数:約40万個)
神戸ルミナリエ開幕の12月7日(金)、気温5℃、仲町通り日本銀行前で大学・短大の学生有志10名が地域社会貢献を実践しました。12月16日(日)までの期間中、地元にある本学の大学・短大延べ66名が継続開催のための募金活動を行います。ご来場の際は、仲町通り、東遊園地の本学学生を是非探してください。また神戸山手女子中学校・高等学校写真部が 撮影ボランティア@KOBEルミナリエを行ってます。見かけたら,気軽にお声がけください。
写真部 ルミナリエ会場にてボランティア活動を行います

 

神戸ルミナリエは、ご来場の皆さまのご協力により、開催することができています。 来年も、神戸ルミナリエを継続して開催することができますよう、ご来場の皆さま、 おひとりおひとりの あたたかいご協力をよろしくお願いいたします。
・月~木曜日 18:00頃~21:30
・金曜日 18:00頃~22:00
・土曜日 17:00頃~22:00
・日曜日 17:00頃~21:30

【参考】
神戸ルミナリエ

ニュース・メディア情報 一覧へ戻る