地域社会貢献【12/8〜12/17】「KOBEルミナリエ」募金ボランティア活動の開幕初日模様

「神戸ルミナリエ」は、平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂とまちの復興への希望を託して、同年12月から毎年開催しています。第23回 今年のテーマは「未来への眼差し」。本年は神戸開港150年、来年が兵庫県政150周年であることから、今回は特に作品の充実を図り、大きな節目となる年にふさわしい作品を設置しています。

 

神戸ルミナリエ開幕の12月8日(金)、あいにくの雨模様の中、仲町通り日本銀行前で短大 現代生活学科の学生等が地域社会貢献を実践しました。12月17日(日)までの期間中、地元にある本学の大学・短大延べ約50人が継続開催のための募金活動を行います。皆様のご協力を、よろしくお願いいたします。

 

開幕初日活動模様の神戸新聞記事は
https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201712/0010801768.shtml
でご覧ください。

▼神戸ルミナリエ・公式ウェブサイトはこちら▼

ニュース・メディア情報 一覧へ戻る