第37回クラシックスクエアの模様(主催:NHK神戸放送局、協力:神戸山手短期大学)

9/2(土)の午後、「第37回クラシックスクエア」 が開催されました。

 

会場のNHK神戸放送局1Fのトアステーションには、約170名超える方にご来場いただきました。

 

今回は、「秋に聞こえてくる音楽」をテーマに、中田 喜直、ヴィヴァルディ、チャイコフスキー、ラフマニノフ、ハチャトゥリアン、グリーグ 、シベリウスが登場しました。神戸山手短期大学 松井名誉教授の解説と、バイオリンやピアノ演奏が披露されました。

 

クラシックスクエアは次回の第38回で最終回になります。
次回は 2018年3月3日(土)「再会を願った春の音楽」をテーマに開催する予定です。

 

20170926

(※画像クリックでPDFが開きます。)

  • ●IMG_0364
  • ●IMG_0376
  • ●IMG_0369

ニュース・メディア情報 一覧へ戻る