相楽園会館茶席及び「ハッサム邸ものがたり第捌(はち)話」の模様 ~市立相楽園との連携行事~

4月30日(日)、市立相楽園会館にて神戸山手大学・短期大学 茶道部による茶席が行われました。当日は100名以上の方々がお茶席にご来場くださり、地元の名水「布引渓流」で点てたお茶を振る舞いました。
約4000株のツヅジが見頃を迎え、お茶をたしなみながら、会館からの咲き誇るツツジを楽しみました。

(茶席の模様)

当日の模様が産経新聞で紹介されました。
http://www.sankei.com/region/news/170501/rgn1705010012-n1.html

 

前日の4月29日(祝・土) には、神戸山手短期大学 Kobe-Yamate CAST卒業生らが、一般公開されている旧ハッサム邸を舞台に、「ホーム・コンサート風景(居間)」当時の邸内の様子を再現しました。ゴールデンウィークの初日、好天恵まれて、多くの方々が市立相楽園に入場されました。重要文化財のハッサム邸内の部屋を舞台に、コンサートが行われました。弾いているピアノの鍵盤は象牙だそうです。ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

(ハッサム邸の模様)

ニュース・メディア情報 一覧へ戻る