住居インテリアコース

コースの目標

快適な住空間を創造し、アドバイスできる!

1. インテリアコーディネートの基礎力をつける。

インテリアコーディネーターの資格取得を目標にして、そのために必要な科目が用意されています。これよりインテリアコーディネートの基礎的な力がつきます。なお資格取得には、事実上、卒業後に実務経験を積む必要があります。

2. 快適な住空間を創造し、アドバイスできる。

多くの実習を通して、快適な住まいの選択や創造する力が身につきます。家具や内装の組み合わせなど、住まい方の工夫もできます。これをもとに一般事務や販売の仕事につくこともできます。

3. ものづくりを通して、感性を高める。

ものづくりはいつの時代でも大切なことです。コンピュータによる建築やインテリアの仮想空間づくりに加え、模型制作も行っています。ものづくりを通して、実際の施工工程を体験でき、あわせて美的感性も磨けます。インテリア雑貨(ハンドクラフト)の制作も楽しいです。

資格
  • ・インテリアコーディネーター
  • ・商品装飾展示技能検定
  • ・福祉住環境コーディネーター検定
進路
  • ・販売、一般事務、営業
  • ・建設会社、住宅会社、インテリア関連会社
  • ・家具、リフォーム関連
  • ・インテリアコーディネーター

主な科目の紹介

住生活演習

建築模型の制作を通して、実際の施工工程を体験します。和洋室の模型に建具、家具などを配置し、住まいやインテリアに関する理解を深めます。

インテリアデザイン

非常に画像が美しくリアリティあふれるソフトを使用して、インテリアコーディネートを行います。特に照明について深く学べます。

ドローイング

実際にはまだ建築していない建物や、自分でデザインした室内を立体的に描く技術を学びます。住関係の資格には欠かせない内容です。

ショップディスプレイ

商品装飾展示技能検定(国家資格)のための科目。デザインやプランによって商品をどう魅力的にみせるかのスキルを身につけます。インテリア・ファッションのディスプレイやスタイリストの仕事などに必要なスキルです。

インテリア計画論

室内環境、照明、家具、ウインドゥトリートメント(窓まわり装飾)などについて、美しさだけでなく、機能性も配慮しバランスのとれたインテリア計画ができるよう学びます。

インテリアマテリアル

建築やインテリアに用いられるさまざまな材料について学び、商品選択に役立つ知識を深くします。シックハウス対策やインテリアをより快適・効果的に演出するなど役立つ知識が満載です。

福祉住環境論

福祉住環境コーディネーター資格取得のために用意された科目です。高齢者も障害者も健常者と同様に暮らしやすい住まいを考えます。この資格は住宅メーカーや建築関連で重要視されています。

コース科目

インテリア計画論 プランニング
住生活デザイン インテリアマテリアル
インテリアデザイン ドローイング
住生活演習 住居学
建築材料・施工 建築文化史
福祉住環境論 CAD
VMD演習 クラフト&ラッピング
ショップディスプレイ 住制作演習

先輩からのメッセージ

2014年3月卒 神戸龍谷高等学校出身

「聞く」「書く」だけでなく「作る」という授業が多く楽しく学べました。

私は入学前からインテリアに興味がありました。住居インテリアコースの授業とは、建築に必要な知識を知ることができ、「聞く・書く」だけでなく実際に「作る」という授業が多く経験できます。1年生では、住生活デザイン実習で設計に必要な知識を知り、また部屋の内装を自分でコーディネートし設計することができます。
他にも、ディスプレイやラッピングなどを学び、国家資格である商品装飾展示技能検定という資格を取ることが出来ます。2年生になると実習が増え、住生活実習では自分の好きな雑貨や家具を木材から選び制作していきます。先生方も一人ひとりを見て詳しく教えてくれるので楽しみながら学ぶことが出来ます。また他のコースの授業も選択が出来るので、幅広い分野を学ぶことができます。授業だけでなく、海外生活研修やファッションショーなどのイベントもあるので楽しい学生生活を送ることができました。

TOPICS

商品装飾展示技能検定(国家資格)に多数合格!

生活学科では2010年度からショップディスプレイを行う「商品装飾展示技能検定」受験認定を受けています。短期大学では珍しい資格ですが、ファッション・雑貨・インテリア等の多くの職業に関わる資格です。毎年9割以上の合格率で、今年も多数の学生が合格できました。