食デザイン

学びのポイント

  1. 健康と美容のための食プランニングができる知識を身につけ、食を通じて美的感性を養う。
  2. 食空間を構成する様々な要素について学び、食をトータルコーディネートできる力を養う。
  3. 「食」についての専門知識を仕事やプライベートで活かす。

ピックアップ授業

食プランニング

食プランニング

講義で学んだ「健康的な食生活を送るために必要なこと」「自分に合うバランスよい献立の作り方」などをもとに、実際にその食材を「見て」「作って」「食べる」実習を行います。決められた食材で一食のメニューを考えたり、残り物で華やかなメニューを作ったりと、さまざまなパターンで実習に取り組むので、料理のワザと手際のよさなどが自然と鍛えられます。現代生活での多様なシチュエーションに適応した調理や、きれいになるための栄養学が身につき、正しいダイエットの方法やテキパキ片付けながら料理を作る整理整頓のテクニックなど「ワンランク上の生活を送ることができる!」と学生に大好評です。家庭料理技能検定の受験にも役立つ授業です。

美と健康クッキング

美と健康クッキング

「体の中から美しくなる」ことを「食」の視点から考えた実習授業です。和・洋・中華にとどまらず、世界の料理にも目を向け、さまざまな国の「食文化」や「食と健康の考え方」について広く学びます。日本人が不足しがちな栄養素(カルシウムや食物繊維、鉄分など)を補う「健康を考えた」メニュー作りはもちろんのこと、おもてなし料理・パーティー料理などで美しく美味しそうに見える盛り付け方、食卓の演出の方法など、「食の美的感覚」も養う授業です。

菓子とパン

菓子とパン

実際に神戸で活躍するパティシエの先生による実習授業です。手軽に作ることが出来るのから、手の込んだものまで、大好きなスイーツとパンを「作って食べる」までを、実習を通して学び、その技術を習得します。どれもおいしくて、お店で食べているような気分になります。

和食文化と料理

2013年に「和食:日本人の伝統的な食文化」が、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。国内外でますます注目を集める日本の食文化を、実際にプロの職人の指導にしたがって作り、目で見て、舌で味わう授業です。①多彩で新鮮な食材の持ち味を引き出す②理想的な栄養バランス③日本の美しい自然や季節の変化を器の上で表現④兵庫県の食材を使った地産地消の献立⑤郷土料理や行事食・通過儀礼食など和食の大きな特徴を理解しながら料理することで、日本文化を学びます。

選択科目

栄養学 食品学
調理学 食品材料学
食の安全と衛生 食品・栄養学実験
食品判別演習 食と社会
フードカルチャー 美と健康クッキング
食プランニング(1) 食プランニング(2)
食デザイン フードコーディネート論
菓子とパン(1) 菓子とパン(2)
和食文化と料理 フードグラフィックデザイン

「授業の中」で取得できる、仕事に活かせる資格

フードコーディネーター 家庭料理技能検定

STUDENT’S MESSAGE

大塚 穂海さん
兵庫大学附属 須磨ノ浦高等学校 出身

自分の生活や仕事に活かせる、食に関する知識を増やしています。

「衣食住」を幅広く学びながら、「食」をメインに勉強中です。「食プランニング」では、講義だけでなく、自由に食材を選んで短時間でメニューを作り、応用力が鍛えられます。場にふさわしい食空間を演出する方法を学ぶ「テーブルコーディネート」など、食に関することを実践的に学べます。