家族・児童

学びのポイント

  1. 心理学、教育、保育、芸術の分野から「子ども」への理解を深める。
  2. 現代生活における家族、育児に関する基礎的な知識を身につける。
  3. 子どもを対象とした英語の指導法を学ぶ。

ピックアップ授業

こども英語

子どもたちに豊かな情操とコミュニケーション力を育成するために 英語を通して、知識の経験を身につける。幼児から小学生を対象として、英語を教えるための指導方法や基本的なクラスルームイングリッシュを楽しく学びます。2年間のコースを受講することで、保育園や小学校などで英会話指導者として活躍できるJ-Shine(小学校英語準認定指導者資格)の資格取得が可能です。またその中で行われる実習では、 本学の提携している保育園や英会話教室での英語指導レッスンのほか、地域の幼児から小学生までの子どもたちを集めた「ハロウィン会」「クリスマス会」「遊ぼう会」などで、実際に子どもたちと触れ合いながら楽しく学ぶことができます。

先生のコメント

村上 加代子 先生
「英語って楽しい!そんな気持ちになる授業です」
「こども英語」は、子どもが好き、英語が好きという人なら、英語のレベルは問わず、誰でも受講することができます。子どもと大人では「英語の学び方」が違います。歌やリズム、絵や動きなど、小さい子どもほど五感や体全体を使って言葉を学んでいくことができ、教える先生にとって大切なのは「子どもの視線に立つこと」「子どもの気持ちをよく理解して、楽しい授業を作ること」です。そして子どもに教えることで、英語に対する意識や能力もポジティブに変化していきます。また、「こども英語」の<J-SHINE コース>では、子どもの発達についての理解や、さまざまな指導法、授業の組み立て方について学び、幼稚園、小学校や英語教室での実習やインターンシップなども行います。

発達心理学

発達心理学

人間の成長と発達の過程について臨床心理学を交えて学びます。家庭や児童を考えるうえで欠かせない、各年代のこころのメカニズムや変化、課題などを知り、家庭や児童の内面に向き合います。

家族論

家族論

いつも当たり前に存在している「家族」について、いろいろな角度から考える授業です。日本の歴史の中で育まれてきた「家族」とは?外国の文化の中で営まれてきた「家族」とは?など、実際に講義だけではなく「模擬家族(家族をパフォーマンスする)」をグループワークとして行ってみることで実際の家族のあり方について学んだり、現代生活の「家族」という構成の中で起こる様々な問題(少子化、未婚化、夫婦別姓、事実婚、同性愛など)についてディスカッションを交えながら興味深く知識を身につけます。

児童学

児童の「発達」について、心理学の視点から学ぶことで「子どもの目線(児童の生活世界)」について理解を深めることを目指した授業です。一見するととても難しい内容と思われがちですが、誰しも幼いころがあったように、自分が過去にたどってきた道を大人になった今、改めて学問として学び、「なぜそのような行動をとるのか」「なぜそのように考えるのか」という心と体の働きのメカニズムを知り、発達と変化を続ける児童の内面に迫ります。

ピアノ

「ピアノを弾くのが好き!」「ピアノを弾いてみたい」「ピアノを習ってみたいけれど教室に通うのは少し気が引ける」という人にお勧めの授業です。それぞれのピアノのレベルに合わせて先生と相談しながら曲を選び、個人レッスン形式でピアノを習います。将来も長くピアノに親しみをもって弾き続けられるよう、ピアノの基礎を学びます。じっくり基礎を身につけることに時間を費やすので、初心者でも授業が終わるころにはきっと一つの曲を発表できるようになっていることでしょう。

選択科目

家族論 保育学
児童学 児童教育原理
児童生活福祉 こども英語(1)
こども英語(2) こども英語(3)
児童文学 ヘルスケア
メンタルヘルス こころの科学
発達心理学 教育心理学
音楽の基礎 ピアノA
ピアノB ダンスA
ダンスB ヴォーカルA
ヴォーカルB

「授業の中」で取得できる、仕事に活かせる資格

小学校英語準認定指導者資格(J-SHINE) ピアヘルパー

STUDENT’S MESSAGE

村井 智香さん
滋賀学園高等学校 出身

心理学と音楽の両方を学びたい!神戸山手で幅広く学べました。

心理学に興味があり、4年間心理学だけを学ぶのではなく、短大で2年間幅広く学び、可能性を探りたいと思いました。音楽にも興味があったので、家族・児童の科目を中心に履修。心理学は、心の病について知識を深めることはもちろん、「カウンセリング演習」で他者と自分への理解を深め、以前より他者を理解できるようになりました。