生活学科の学生のサポート窓口として職員が常駐。教員や学生の出入りも多いサロン的な空間です。学科の専門誌の閲覧も可能。